人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

読書スタイル(環境と姿勢)について(業務、研究、学習、娯楽等の目的を問わない)

●質問者: quarta
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 100/100件

Q01.個人環境(自宅や自由な外出先)での主な読書スタイルを選んでください。
A. 机やテーブル(椅子の使用は問わない)上に本を水平に開いて読む
15
A. 机やテーブル(椅子の使用は問わない)上で本を手で見やすい角度に傾けて読む
20
A. 机やテーブル(椅子の使用は問わない)上で卓上型書見台を使用する
0
A. 椅子やソファーの背もたれにもたれて手に持って読む
55
A. 背もたれを使用せずに手に持って読む。
8
A. 椅子に座って専用の書見台を使用する
1
A. 床(畳)上に直接座って(正座など)専用の書見台を使用する
2
A. 寝ころがって何も道具を使用せずに読む
57
A. 寝ころがって専用の書見台を使用する
0
A. 椅子やソファーの背もたれにもたれて専用の書見台を使用する
5

Q02.視力と眼鏡の使用についてお知らせください。
A. 日常で視力に問題なく通常の読書環境で眼鏡を使用せずに不自由しない
33
A. 普通は凸レンズの眼鏡(遠視または老眼鏡)を使用する
5
A. 普通は凹レンズの眼鏡(近視用または近視+乱視用)を使用する
26
A. 近視だが、読書環境では眼鏡を必要としない
15
A. 近視だが、読書時には凸レンズの眼鏡があった方が良い
4
A. 近視で、読書時にも日常と同じ眼鏡を使用している
18
A. 近視で、読書時には日常よりも緩い凹レンズ(近視または近視+乱視)の眼鏡を使用している
1
A. 近視で、読書時には状況に応じて眼鏡を使用する場合としない場合がある。
6
A. ルーペを常用している
0
A. ルーペを使用することがある
1
A. そのほかの眼鏡を使用している
6

Q03.次のような読書を補助する道具があった方が良いと思いますか
A. ルーペに該当する道具
7
A. 書見台に該当する道具
11
A. 照明器具に該当する道具
65
A. 机やテーブルに該当する道具
6
A. 椅子に該当する道具
33
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ