人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

:小説探し:石田三成の私生活を中心とした小説を探しています。

● 幼少時代
+ 青春時代
+ 結婚生活
+ 子供達との交流の様子
等が描かれている 私生活中心の小説を教えて下さい。

●秀吉との交流にかかわる公的生活や関ヶ原の戦いが主な内容となっている小説以外
(↑↑ 描写の成り行き上 これらが少し入っているのはOKです)

●妻や子供、側近の視線で書かれている作品でもOKです。

●描写分量: 丸々1冊又は、なるべく多いページ数

文庫本になっているものが第一希望ですが、 単行本であってもかまいません。
絶版となっているものでも、古本として入手できるものが良いです。

申し訳ございませんが、コミック系 と ダウンロード書籍
以外の小説本でお願い致します。


回答には次の項目を含めて下さい。

・該当小説本の タイトル

・該当小説本の 著者名

・石田三成のプライベートな生活描写の ページ数・行数
例: P.150?155 約5ページ / P.150 10行目?P.155 20行目

・該当小説本が購入できるネット書店内URL

・該当小説本を読んだ(事がある場合)感想・コメント(短文でOK)




回答を宜しくお願い致します。


●質問者: ???
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●100ポイント

短編集『壮心の夢』の中の「石鹸(シャボン)」は
石田三成の恋を描いた短編小説になっています。
『壮心の夢』は 文春文庫からも出ているようです。

壮心の夢 (徳間文庫)

壮心の夢 (徳間文庫)

石田三成のプライベートな生活描写のページ P.347?380

クリック なか見!検索
http://www.amazon.co.jp/%E5%A3%AE%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%A4%A2-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%81%AB%E5%9D%82-%E9%9B%85%E5%BF%97/dp/4198918309#reader_4198918309

http://bookreview.ariken.info/?cid=34274


???さんのコメント
MEI-ZA-YU様 こちらの 石田三成の恋 とても意外な感じで面白そう! です。 三成が何歳位の時が舞台なのかわかるとたすかりますが、 本を実際に手に取るまではわからないですよね・・・。 回答ありがとうございました。

MEI-ZA-YUさんのコメント
以下のことより35歳以降ですかね。 http://blog.goo.ne.jp/booksblog/e/3b42b48dacbbc1a56831d0fa1b4919ec >> 三成には、摩梨花の父を死に追いやった過去があります。 ちなみに。三成が死に追いやった、摩梨花の父というのが、前野長康です。 <<

???さんのコメント
MEI-ZA-YU様 なるほど なるほど。35歳以降の恋・・・素敵ですっ! 調べて頂きまして、ありがとうございました。

???さんのコメント
MEI-ZA-YU様 同じタイトル・著者・内容の文庫本を 文春文庫 ( 2009/2)でみつけることができました。 新品本でまだ在庫があるようですので、購入しますね。 http://www.amazon.co.jp/%E5%A3%AE%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%A4%A2-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%81%AB%E5%9D%82-%E9%9B%85%E5%BF%97/dp/4167753421/ref=wl_it_dp_o_pC_S_nC?ie=UTF8&colid=3FJHUOEJIPTEV&coliid=I27DB5ICVT8PYB

2 ● GM91
●100ポイント

大いなる企て

巨いなる企て (上) (文春文庫 (193‐5))

巨いなる企て (上) (文春文庫 (193‐5))



自分で読んでないのであくまでご参考ですが、
この本を書くにあたって関が原までの三成の行動をほぼ毎日分調べたと豪語しておられます。
色恋沙汰はあんまし得意な人じゃないですが、調べは細かい人なので参考になるやもしれません。


???さんのコメント
GM91様 著者名とタイトルからの先入観で、公的(仕事面)中心の物語に思えてしまいます。 堺屋太一著・巨いなる企て (上) (文春文庫 (193‐5))の目次がみれますと 私生活が描かれているかどうか推測がしやすいのですが・・・。 本を実際に手に取るまではわからないですよね・・・。 回答ありがとうございました。

GM91さんのコメント
多分にメインは仕事でその合間に私生活って内容だと思います。 まあ細々調べるのが得意な人なので、それなりに、くらいの期待度で。

???さんのコメント
GM91様 そうですね。 『それなりに、くらいの期待度で。』了解致しました。 仕事の合間々々の私生活がどのくらい描かれているか・・・ですね。

3 ● a-kuma3
●100ポイント

すみません、未読です ><。
でも、質問の条件にはあっているはずです。

星明かり夢街道 (光風社文庫―新選代表作時代小説)

星明かり夢街道 (光風社文庫―新選代表作時代小説)



石田三成って、本であまり読んだ記憶が無く(すぐ、忘れちゃう、というのもある)、最後に引き回されるときに島左近だったかが、アイコンタクトで語るみたいのしか記憶になくって、探しちゃいました (・ω<)

で、気になったのがコレ。文面的には、質問の条件を満たしそうです。

■石田三成の妻/童門冬ニ
石田三成×うた(正妻)
ヤンデレの嫁のどれだけ三成がステキかを延々語るエッセイ。
ある意味男前。(嫁が)

http://kimagure.tsi.sub.jp/?eid=1004410

次に見つけたのがコレ。

童門冬二 石田三成の妻『歴史読本 特集女たちの関ヶ原』集録
残念ながら書籍化されているか、私自身わかりません。たまたま神保町で見つけただけですので‥。珍しく三成の奥さんの話だったので飛びついたまでで、短編です。

http://utuutublue.blog57.fc2.com/blog-entry-225.html

ここまでで、それなりに時間がかかってるので、歴史読本の号数を調べて、神保町に行ってもらおうかとあきらめかけてた矢先に見つけたのがコレ。

*石田三成の妻童門冬二「歴史読本」'84.10光風社文庫「新選代表作時代小説 21」
http://home.r01.itscom.net/morioka/novel/novels_2.html

文庫化されているのが分かれば、後は Amazon で ISBN 番号を探すだけです。
番号が入ってなくて、ちょっとだけ手こずりましたが、他の収録作品も分かりました(余計か)。

『星明かり夢街道 新選代表作時代小説(21)』日本文芸家協会編
光風社文庫(に-01-21) 2000.05.xx
411p 629円 ISBN4-415-08789-2
...
「石田三成の妻」 童門冬二

http://homepage3.nifty.com/iwawi/dozou/kura6/bos.htm

400頁で、13作ですから、3?40頁くらいの短編じゃないかと想像します。


???さんのコメント
a-kuma3様 > 最後に引き回されるときに島左近だったかが、アイコンタクトで語るみたいのしか記憶になくって わかります。 a-kuma3さんが読まれた↑こちらの小説、自分も読みました。 光成の前を他の武将は さげすみながら通る 又は 見ないようにして通る のですが、 島左近だけは、光成の目をみつめ 言葉にはださずに よくがんばった らしき 気持ちを込めた まなざしで・・・と記憶があります。 ただ、私生活の描写が皆無に近かったのは覚えておりますのです。 作品名・・・がぁ・・・・ (汗・涙) 調べて下さった ■石田三成の妻/童門冬ニ とても 読みたいです。 古本でならあるようですが、状態がどのくらい良いのか 懸念しております。 http://www.amazon.co.jp/%E6%98%9F%E6%98%8E%E3%81%8B%E3%82%8A%E5%A4%A2%E8%A1%97%E9%81%93-%E5%85%89%E9%A2%A8%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB%E2%80%95%E6%96%B0%E9%81%B8%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E4%BD%9C%E6%99%82%E4%BB%A3%E5%B0%8F%E8%AA%AC-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E8%8A%B8%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A/dp/4415087892/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1349908936&sr=8-1 回答ありがとうございました。

a-kuma3さんのコメント
>> a-kuma3さんが読まれた↑こちらの小説、自分も読みました。 ... 作品名・・・がぁ・・・・ (汗・涙) << ぼくが読んだのは、影武者徳川家康(隆慶一郎)でした。 >> 三成が顔をあげ、こちらを見た。眼が合った。三成の眼が急になごむさまを、左近は見た。唇のはしに、僅かに皺がよる。これは微笑を浮かべようとしているのだ。 ... 三成がけだるそうに右手を僅かに動かした。先ず、抑えるように伏せ、ついで右膝の上に置き、その手を急にひるがえした。やがてその手を左手に重ね、さするようにする。最後にその手を胸に当て、ゆっくりと元に戻した。 左近は喰い入るようにその所作を見届けると、大きくうなずいてみせた。 << といった感じ。もちろん、三成の私生活に触れた描写は、その場面をさかのぼってもありません。 檻に入れられて、京の市中を引き廻されている際の描写なので、他の武将はあらわれません。 もしかしたら、違う本かもしれませんね。 >> 古本でならあるようですが、状態がどのくらい良いのか 懸念しております。 << 十年ちょっと前なので、それほどひどい状態にはなってないと思いますが、Amazon で古本を購入したことが無いので、よく分かりません。 古本を扱ういくつかのサイトで、「星明かり夢街道」を探してみたのですが、どこも在庫なしの状態でした。 今は、ちょっと別方面に気が向いちゃってるのですが、ぼくもとても気になってます <tt>:-)</tt>

???さんのコメント
a-kuma3様 ご丁寧な回答ありがとうございます。 > ぼくが読んだのは、影武者徳川家康(隆慶一郎)でした。 こちら、自分も読んだ事がありました。 前述の島左近が光成への敬意ある態度の描写の記憶は 他の題名だったよう・・・・です。 作品名・・・がぁ・・・・ (汗・涙) > 古本を扱ういくつかのサイトで、「星明かり夢街道」を探してみたのですが、どこも在庫なしの状態でした。 お手数をおかけしてすみませんでした。 探して下さいまして、ありがとうございますぅぅ。 Amazonマーケットプレイスでで販売されている古本は、 『非常に良い』とあっても、 売り主によってその状態が違うので、 買うときはある意味 ギャンブルのような覚悟が必要なのです。 > 今は、ちょっと別方面に気が向いちゃってるのですが、 何? 何? 何ですかぁ?? 回答ありがとうございました。

a-kuma3さんのコメント
>> 前述の島左近が光成への敬意ある態度の描写の記憶は 他の題名だったよう・・・・です。 << やっぱり。とりあえず、ぼくはスッキリしましたんで <tt>:-p</tt> >> お手数をおかけしてすみませんでした。 探して下さいまして、ありがとうございますぅぅ。 << ぼくも読みたくなったんで、探したまでです。売ってるところが見つかってたら、もっと良かったんですが。 前回の質問も含めて、武将ものって、あまり読んでないことに気が付きました。 この質問のような見方もあるんだな、ということに気が付いて、とても楽しいです。 MEI-ZA-YU さんが回答してる、火坂雅志って、1、2冊読んで止めちゃったんですけど、もうちょっと読んでみても良いかな、と思ったり。 >> 売り主によってその状態が違うので、 買うときはある意味 ギャンブルのような覚悟が必要なのです。 << いわゆる、昔から親父がやってるような古本屋で、本を買ってたりもした(最近は、Bookoff が多い)ので、ぼくの方が古本耐性があるのかも。 お菓子の屑は許せないけど、紙が酸化してたり、表紙が焼けちゃってるのは、あまり気にならなかったりします。 >> > 今は、ちょっと別方面に気が向いちゃってるのですが、 何? 何? 何ですかぁ?? << 今は、いわゆるラノベと、清水義範に、気が向いちゃってます。 [http://q.hatena.ne.jp/1347591254:title=某茶柱なアイコンのお方の質問]が出るちょっと前から、「ラノベなんか、読むに値しない」と言ってたのですが、食わず嫌いもどうかな、と思って、回答にあったのを、ちょっと読んでたりします。 ラノベというジャンル自体の認識を新たにする、というほど感銘は受けてませんが、ラノベというラベルが付いてるから読まない、と決めつけるのは良くないなあ、と思ったり(素直に書けば、「結構、面白いじゃん」なんですけど)。 清水義範も、全部、売っ払っちゃったんですが、最近の人力検索での回答で、ちょこちょこ出てきて、また読んでみようかな、なんて思いまして、買いなおしてたりします。

???さんのコメント
a-kuma3様 なるほど。ラノベ・・・ですか!!!! まだ手にしたことがありませんが 大人向けの作品も出版されているのでしょうね。 > 清水義範も、全部、売っ払っちゃったんですが、 うわぁ?もったいないぃぃぃ! 清水義範は、良いですよね。 どのジャンルの著作も安定していて、年齢を問わず楽しめますしね。 自分の好きな作家さんの1人です。 > ぼくの方が古本耐性があるのかも。 > お菓子の屑は許せないけど、紙が酸化してたり、表紙が焼けちゃってるのは、あまり気にならなかったりします。 古本耐性の基準がどのあたりを中心とするのか・・・ 自分の経験では、ネットで古本を買い、本を開いたとたんに 目が痛く+ 目が痒くなり + 呼吸が苦しくなり その本を読むことができず廃棄せざるをえなかったこともあります。 (または、上記症状のどれか一つ という本もありました) ということにより、古本購入の際には堅固な覚悟が必要となるわけです。 (自分の場合) 詳しいお話をたくさん書いて頂きまして、ありがとうございます。 とても勉強になりました。

4 ● gtore
●100ポイント

ご紹介します。

「石田三成」 徳永真一郎

石田三成 (PHP文庫 ト 2-3)

石田三成 (PHP文庫 ト 2-3)

徳永真一郎さんの小説です。
石田三成と淀殿との恋愛が描かれています。
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-56308-4

徳永真一郎の小説「石田三成」では、石田三成と淀殿との人間的なつながりが前面に出ていて感動を与える

http://94979272.at.webry.info/200709/article_18.html

■石田三成―義に生きた智将の生涯 (PHP文庫 ト 2-3)
最初から最後まで、三成と淀殿の心のふれあいって感じだった。そして随所にあふれ出る著者のどや感。

http://amiri-yuzumm.jugem.jp/?day=20120808

ご参考まで。


???さんのコメント
gtore様 >> 最初から最後まで、三成と淀殿の心のふれあいって感じだった。そして随所にあふれ出る著者のどや感。 面白そうです!! 三成と淀殿は、実際にはどうだったのかはわからないにせよ、 客観的にみて、気持ちの上では両者通い合うものがあったに違いないと 昔から感じていました。 このプラトニックな関係の様子を文章で味わってみたいです。 回答ありがとうございました。

質問者から

◆◆◆◆◆回答して下さった皆様へ◆◆◆◆◆

このたびは、探すことが難しい質問にご助力頂きまして
本当に 本当に 本当に ありがとうございました。 <(_ _)>


★質問終了後にも、該当する小説がみつかりましたなら、
コメント欄・はてなハイク・はてなポイント送信等より
お知らせ頂けますと幸甚です。


次の何かの質問にも是非また参加して下さい。
(回答欄でなくて、コメント欄のみでも OKです)

今後共、宜しくお願い申し上げます。 <(_ _)>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ