人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

口内炎にビタミンB2が効果があるそうですが具体的にどのような作用があるのでしょうか。皮膚の粘膜の健康を維持する効果とか漠然とした説明でなくどなたかB2が口内炎にこのように作用するから効果があるんだよという説明をお願いできませんでしょうか。
よろしくお願いします。

●質問者: koko24
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kikorinomizu
●0ポイント

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の成長を促す働きをもっているために口内炎で炎症が起こっている粘膜を正常へと戻してくれうからです。
通常1?2週間で自然になおりますよ。
ビタミンB2が多く含まれる食材
ししゃも
たまご
納豆
カレイ
チーズ
などです


koko24さんのコメント
B2が粘膜細胞でどのように働いて成長を促すのかが知りたいんですが、、、

2 ● oil999
●0ポイント

ビタミンB2の最も重要な働きは、細胞の呼吸を助けることです。
ビタミンB2が不足すると細胞は呼吸困難になり、その状態が長く続くと最後には細胞が窒息してしまいます。
口の中の粘膜が窒息してしまった状態が、口内炎です。

ビタミンB2が口内炎に効果があるのではなく、不足しているB2を補うことで口の中の粘膜を正常な状態に戻そうというわけです。


koko24さんのコメント
細胞が呼吸困難、、、という説明もネットで見ましたが具体的にどういう意味ですか。

oil999さんのコメント
細胞の呼吸というのは、細胞内にあるミトコンドリアでの酸化還元反応における電子のやりとりの際に媒体(補酵素)となるという意味です。

koko24さんのコメント
クエン酸回路をまわすにはB1とかB6とかB3とかも必要なのでは、、なのになぜ口内炎にはB2なのですか。

Yoshiyaさんのコメント
http://okguide.okwave.jp/guides/47872/print >> 口の中がなんだかとっても痛くて、おいしく物を食べられなくなる口内炎を予防しましょう。 【ステップ1】 口内炎の直接の原因はビタミンB2不足だそうです。 胃が悪い時や風邪の時はビタミンの吸収が悪くなりビタミンB2不足になります。 また、疲れやストレスがたまっている時、脂肪分を摂り過ぎた時、激しいスポーツをした時などにはビタミンB2の消費量が増え不足しがちになります。 <b>ビタミンB2の最も重要な働きは、細胞の呼吸を助けることです。ビタミンB2が不足すると細胞は呼吸困難になり、その状態が長く続くと最後には細胞が窒息してしまいます。口の中の粘膜が窒息してしまった状態が、口内炎といわれます。 </b> 【ステップ2】 ビタミンB2は、レバー、さば、ヨーグルト、牛乳、チーズ、納豆、卵、ブロッコリーなどに豊富に含まれていますが、水溶性のビタミンなので、身体にためておくことができません。毎日こまめにとることが重要ですが、口内炎ができやすくて困っている人は、サプリメントなどで定期的に補給することでも効果が期待できます。 <<

oil999さんのコメント
クエン酸回路ではなく、電子伝達系の話です。

koko24さんのコメント
電子伝達系ではB2しか使われないのですか。

oil999さんのコメント
ミトコンドリア内膜にある呼吸鎖複合体Iが電子伝達系に関与しているのですが、この複合体の補酵素としてビタミンB2(リボフラビン)が機能しています。

3 ● pigmon88
●0ポイント

ビタミンのことは知りませんが、口内炎には乳酸菌がきくということは聞いたことがあります。たとえば、腫れているところにビオフェルミンを繰り返し塗ると、2日くらいで頑固な口内炎も消えてしまいます。私も実地に経験しました。最近はヨーグルトなどの乳酸菌がもつ殺菌、免疫増進作用に注目が集まっていますし、たんに民間療法とばかりも言えないような気がします。


4 ● kepikapi
●0ポイント

B2以外にもきくものは多々あります。
たとえばビタA ビタC ビタ12などです。


しかしながらビタB2をはじめ、出来てから飲むのはで遅い。
予防策としての効き目であるのです。


できてからでも飲み続ければ段々をはなおりあmすが。


つまりこれらは口内炎の炎症を起こしにくくし、治りやすくするために重要な栄養素であるという意味合いだけです。


5 ● きょくせん
●200ポイント ベストアンサー

お呼びとの事で参上しました。

今回のご質問は、ビタミンB2が口内炎における粘膜の再生にどのように関与しているのか、という事ですが、現在他の方々がご指摘されている通り、ビタミンB2の薬理作用という点においては細胞内呼吸における代謝の補酵素としての作用と酸化還元系への関与しかわかっていない、と申し上げてよさそうです。疫学的観点……つまり、粘膜にかかわる病気(腸内粘膜や口内炎)の患者さんにビタミンB2を投与した結果、その患者さんの病状が快癒したという知識は蓄積されていますが、ビタミンB2が粘膜の生成にどのように関与しているのか、という事はわかっていないと申し上げてよさそうです。
コメント欄でYoshiyaさんが提示されたゾンネボード製薬の資料に興味深い一文があります。それは埼玉医大の伊藤誠一教授へのインタビューの中にあるものですが、
『エビデンスに基づいた治療が推奨される時代にあって、これらの疾患におけるビタミン製剤治療についてはまとまった論文がないため不当に低い評価を受けがちです』
という所です。私はこの一連の内容は非常に興味深いと思います。

エビデンスというのは、ある『薬剤』がどのような『機序』でその『疾患』に効くのか? という事を科学的/論理的に証明する事で、つまり、今回のご質問であればまさにビタミンB2が粘膜生成にどのように作用するのか? 遺伝子に働きかけるのか、とか、粘膜細胞において特異な作用点があるのかという事を明らかにするという事になるのですが、なんと申しますか、ビタミン剤がこの世に登場したのは日本が明治の頃でありまして、この頃から積み上げられた既知を今追証しようという事はおおよそやられないんだろうなぁ、と漠然と考えています。……新薬メーカーさんもそのあたりのリソースはそれこそ新規薬剤の研究開発に投入するでしょうし、今ですとビタミンの作用活性研究は栄養学や農芸化学の分野になるかと思うのですが、それらが資金潤沢であるという評を私は聞いた事がありません。分子生物学的研究ってかなりお金がかかるのですよ。


さて、いつものように『そんなもんわかんねーよ!』という理由をつらつら書きましたが、現在私が目にする事が出来たお話からは、

『ビタミンB2は細胞内呼吸の活性化に寄与し、これにより常に増殖を行わなければならない粘膜細胞……つまり、高いエネルギー要求を満たす事によってこれを改善している』

と申し上げざるを得ません。
また、そもそも口内炎の一部がビタミンB2欠乏により発症する事、つまりその発生機序はビタミンB2不足による細胞内呼吸の停滞によるものとも考えられますので、それを改善する事によって口内炎が快癒する事は自明とも言えるでしょう。

もちろん、ヘルペスウイルスなどによる感染症の場合、ビタミンB2だけではどうにもならない気もしますが。……んー、でも口腔内粘膜の再生速度を考えると何とかなっちゃいそうな気も(^^;


以上、こんな所でいかがでしょうか?


koko24さんのコメント
お久しぶりです。どうもありがとうございます。 ビタミンB2が不足すると他の胃腸とかの粘膜細胞もエネルギー不足で炎症を起こしていると思われますか?でもB2が不足すると全身の細胞全部がエネルギー不足になりますよね。ちょっと意地悪な質問ですいません。

1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ