人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

宇宙科学の試みでは、よくミニマムサクセスという言葉を聞きます。プロジェクトの評価方法のなかの一つだと思うのですが、こういったミニマムサクセスをよく扱っているプロジェクト評価手法についての情報探しています。CINIIや、google scholar などでよさげな論文があったら教えてください。書籍(日本語ならなおよし)があればなおよしです。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

質問者から

回答は引用付きでお願いします。


1 ● oil999

ミニマムサクセス、フルサクセスというのは日本の宇宙開発委員会が用いているローカル用語です。
プロジェクト評価では、一般的には

の4つの段階で評価します。
宇宙開発委員会では、中間評価を幾つかの段階に細分して、最初の段階を「ミニマムサクセス」としているわけです。

【参考】JICAプロジェクト評価の手引き

http://www.jica.go.jp/activities/evaluation/guideline/pdf/old_guideline.pdf


isogayaさんのコメント
ローカル用語だと断言されているのですが、確実な引用の提示お願いします。言葉そのものは、世の中でつかわれています。Minimum success で検索するといろいろでてきます。

isogayaさんのコメント
サクセスレベルという概念ではかなり幅広くつかわれているようです。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ