人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今の本や出版業界について、読者の立場から、皆さん自身が感じる不満や課題点について、聞かせて頂けませんか?
本そのもの、出版業界全体について、どちらでも構いません。読者としての立場から教えて頂ければと思います。よろしくお願いいたします。


●質問者: kumagoro779
●カテゴリ:ビジネス・経営 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 18/18件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●35ポイント

1.AMAZONについて
何でも安く手に入るけれど総覧性が悪い。辞書・参考書など最新版と去年の版を同列に出してくる(たまに最新版があっても去年の版を優先してならべてくる)。中古マーケットなどの取扱いがまぎらわしい(配送料がかかる)。宅配業者がダンピングされているため、配送トラブルが多い。
たまにネットのカードトラブルがあって使用差し止めがある。などネット特有の問題がある。
リファレンス性、速報性はそれなりにある。とりあえず書評ブログで気になったものはAMAZONほしいものリストにいれておいてスマホでそれを閲覧して書店で探すことができる。うまくトラブルを解消しつつ継続してほしい。
2.書店について
本当に苦境らしいのだが、本屋が本屋じゃなくなっていますよね。女性誌の鞄とか知育玩具とか手帳カレンダーとか一番クジ。もうちょっと編集者のような立場での提案が欲しい。配本を問屋に握られていて気の毒。コンピューターを専門書コーナーから解放すべき。雑誌・新聞などなら強いはずだが問い合わせても案内が弱い。暇つぶし用にニコリを置いてよ。数独ばっかりじゃ飽きたよ。隣の駅にあった宝塚の雑誌がバックナンバーまである書店がつぶれちゃった。弱い立場に甘んじないでがんばってほしい。アニメイトとAMAZONとブックオフしか生き残らなかったらどうしよう。とにかく、雑誌力を重んじて。新聞より強いのが雑誌だし、雑誌を起爆剤にすることを考えて是非いい雑誌・ムックを提案していってください(付録じゃなくてね)。床屋と銀行だけじゃなくて「スマホが出たら雑誌を買おう」でdocomoショップに配本していくとか…
3.キンドルとかあのへんの電子書籍
ハードについてはやっぱりめくるときの遅れ、ちらつき、目が疲れる、電池などというありがちな問題はきいたがスマホ同様改善されていくだろう。永年無料ダウンロード通信料はいい。
内容の編集力について、装丁、ルビなど日本語対応おねがいします。理想は新潮文庫の活字と装丁を再現してほしい。
やっぱりコンテンツのジャンル分けが欲しい。評価ランキングにすると、若い人には短編がよみきりやすいので上位にくるが、ずっしりの長文が欲しい人間のために是非、正味の字数と目安読み切り時間を表示すべき(さらに望ましくは「…」と「?」、空白、改行、「」は字数に含めないでほしい)。その上でランキングすれば、コストパフォーマンスがよい文章なのかがよくわかる。群雄割拠。
図版は拡大に耐えるようにするとまだまだ容量も食うが、今のスマホにはそれほど苦にはならない。パピレスなど漫画図版を早くに押さえたものがデフォルトスタンダードとなって勝つだろう。
4.作家とゲーム
まどマギ、フェイトzeroでヒットをかっとばしている作家虚淵さんはAVG(いわゆるエロゲ)の業界の出身。エロゲは紙芝居だろといわれがちだが、実は、10万?30万字(原稿用紙換算じゃないですから改行でかせぐことはできません。キロバイトですぐに判定できる)くらいないと飽きられて酷評されてしまうというシビアなベストセラーをもとめられてしまう世界。
字数、絵になるシーン、刺激的な世界設定とストーリー、などで厳しく読者に鍛えられた作家が10万字よませてくれて、あのA4箱におさまるのなら、新作を7000円で買ったとしてもラノベシリーズを買うよりずっとコストパフォーマンスがよい、ということは知る人ぞ知る事実。
そういうところに手をふれることもできないでコンピュータに弱いと自称して恥じないような日本文学学科卒の「編集者」さんって…


総括:稼ぎのない私のお小遣いでもすこしずつ払いますから、ずっと楽しめる面白い作品と情報を提示してください。知の供給がんばってください!


kumagoro779さんのコメント
色々な観点からのご意見ありがとうございました!

2 ● rsc
●30ポイント

お叱りを受けそうですが、お言葉に甘えて。(^_^;
昔100MのHDDを買うのに10万円ぐらいかかってましたが、今では、1万円もあれば、2TのHDDが買えます。でも、本の場合は、特に、IT系の本は、昔は、2000円も出せば、いいのが買えたのに、最近は、3000円ぐらいします。
世の中デフレで物の値段が下がっているので、相対的にそう感じるだけかも知れませんが、本の値段が高く感じられます。(^_^;


kumagoro779さんのコメント
値段の件は確かにそうですね。価格が上がっていますね。とても参考になりました。

3 ● adlib
●25ポイント


【起】 さらば、紙本論 ? 虚々日々 vs 去々日々 ?

…… この冊子は、パソコンのために書かれた日記形式の《与太郎文庫》
から、最近の(任意の)部分を抜き刷りしたものである。(略)
すでにして与太郎は、二年前に新聞を断わってしまった。(略)

むかしフランスに“パンフレット作家”と呼ばれる連中がいたという。
スタンダールなどが、自費出版で小部数の小冊子で、とりあえず意見
を述べたらしい。

最近の芥川賞や直木賞は、十年先まで受賞予定者が決っているので、
ときどき(略)未成年者を混入しないと、どんどん高齢化がすすむ。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20040322 抜刷解題

【承】 未来の読者へ ? visse,scrisse,amò.?

…… 小説というジャンルの特質は、一人で書き、一人で読むことであ
る。発表した時に読まれないパンフレットというものは、凡そ無意味に
等しいが、小説は必ずしもそうではない。現在読まれなくても後世の人
が読んで呉れるかもしれない。従って読まれることを期待さえしなけれ
ば、必ずしも大衆を必要としない。<少数の幸福な人々>だけで十分な
のだ。
http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/bitstream/10466/11912/1/2009201444.pdf
── 小泉 隆雄《パンフレット作家スタンダール 19570330 大阪府立大学紀要》


Stendhal, 17830123 France 18420323 59 /籍=Marie Henri Beyle
Balzac, Honoré de 17990520 France 18500818 51 /
Flaubert, Gustave 18211212 France 18800508 58 /


バルザックは89の長短篇小説を総称して“人間喜劇”と名づけた。
与太郎は5年間に1000篇以上、十数年で二千篇も書きとばした。
こんなことが(誰にも)可能になったのは、わずか数年前からである。

【転】 無名作家の碑 ? 読むべきか、書くべきか ?

…… いまやブログを書く人口は、読む人々よりも多いと云われている。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20070810
真実の瞬間 ? すれちがった人々 ?

編集者の技術や、出版社の機能も、テレビ局の設備とおなじく過去の
ものになった。誰かが中古パソコンでアップロードしたメッセージが、
永遠に空中保存(クラウド)されるらしい。

…… 著者の印税は煙草代にも及ばなかったが、翻訳者は蔵を建てた。
http://q.hatena.ne.jp/1319125083#a1110965 (20111021)
クラウド革命! ? 雲をつかむような空想が実現しつつある ?

【結】 黄昏の神童 ? 95歳で早期退職したら、小説を書きたい ?

Maazel, Lorin 19300306 France America /
── 《ららら♪クラシック N響スペシャル 20121125 21:00-22:00 NHKe》
「巨匠マゼールが描く言葉のない“指環”の世界」

わずか8歳で天才指揮者としてデビューし、今や世界的スター指揮者
であるマゼールがN響と初共演! 得意のレパートリーであり、自らが
編曲したワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」の管弦楽版を指揮し
た。そしてスタジオにも登場!
82歳にして、なおエネルギッシュなマエストロが、天才少年時代に
ついてや、ワーグナーへの敬愛、そして指揮への情熱をたっぷりと語る。
司会;石田 衣良,加羽沢 美濃


kumagoro779さんのコメント
時代は確かに変わりつつありますね...ありがとうございました!

4 ● amai_melon
●25ポイント

原則定価という価格競争がない制度のもとで売られているので、
企業側が努力している姿勢が見えないことですね。
ハードカバーの本なんて、2000円以上することが多いし。


kumagoro779さんのコメント
価格の件は確かにそうですね。2,000円以上の価格も珍しくなくないですよね。ありがとうございました。

5 ● oil999
●25ポイント

子どもが読んで学べる本が減りました。
図鑑、偉人伝、神話と昔話、等々。
英語や算数の学習本は増えましたが、あれらは与えられた問題を解くためのノウハウ本に過ぎず、“学ぶ”という役割には程遠いものです。

少子化の時代、こうした書籍の出版は大変だとは思いますが、わが国の成功に学びたいというアジア諸国への輸出を含めた企画を立ててほしいものだと思います。


kumagoro779さんのコメント
最近は売れるノウハウ本に出版が集中してしまっていますよね。ありがとうございました。

1-5件表示/18件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ