人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

浄水器について教えてください。
タイに住んでます。
井戸水(浸透式)を2つの大型(約70リットル)ステンレス浄水器に通して、家庭用水にしています。
1つ目の浄水器には無煙炭が入っています。
2つ目の浄水器には活性炭が入っています。
更に、この2つの浄水器を通過した水を、逆浸透膜浄水器を通過させて飲料水にしています。

井戸水と、2つの大形浄水器を通過した水をTDSメーターで計測したのですが、さほど数値が変わりません。
井戸水:136PPM
2つの浄水器通過後:125PPM

【質問】
どのようにすれば生活用水(逆浸透膜浄水器に入る水)を100PPM以下に抑えることができるでしょうか?

2台の大形浄水器中に入れる物質を変える?
2台の大形浄水器に水を通す前に、もう1つ20インチ位のフィルタに通す?(その場合、フィルターの素材は?)

アドバイスいただけると助かります。
どうぞよろしくお願いします。





●質問者: Tomo
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● oil999
●25ポイント

TDSメーターは導電率を測るものです。
タイの井戸水は硬水であるため、ミネラル分が多く、導電率が高くなります。これらのミネラル分は無煙炭や活性炭で取り除くことはできません。
単なる硬水なので、身体に害毒をもたらすものでもありません。

どうしてもTDSメーターで100PPM以下の軟水にしたければ、逆浸透膜浄水器を通すしか方法はありません。

【参考】タイの水事情

http://www.wom-bangkok.com/info/i/66.html


Tomoさんのコメント
回答ありがとうござます。 事務所と自宅2か所で浄水器を使っているのですが、自宅は生活用水が250PPMで逆浸透膜浄水器通過後が20PPMなのですが、これは害毒がないのでしょうか? 20PPM分の何らかの物質が水に溶け込んでいるとしたら、その溶け込んでいる物質に害毒が無いかどうかは、水の分析検査をしない限り、安全かどうか判断つかないのではないかと思うのですが、私の理解は間違ってますでしょうか? 水の分析検査をすれば良いのかもしれませんが、逆浸透膜浄水器に入る前の水を100ppm以下にすることができれば、最終的に0ppmに近い値が求められるのではないかと考えています。 回答を頂いて思いついたのですが、大形ステンレス浄水器の後にRasin(カチオン)フィルターを付け加えたら、TDSのPPM値は下がると思われますか?

oil999さんのコメント
たしかに重金属イオンが混じっていたらTDSメーターの値は上がりますから、成分分析してもらう必要がないとは言えません。 ただ、TDSメーターが正常に動作しており0PPMという結果が得られたら、それは純粋であることを意味しており、かえって水分が身体に吸収されにくくなります。 強酸性カチオン交換樹脂を使用したフィルターであれば、硬水の主成分であるカルシウムの多くを除去することは可能です。TDSメーターの値も下がるでしょう。

Tomoさんのコメント
回答ありがとうございます。 是非、意見をお聞きしたいんおですが、逆浸透膜浄水器で浄化された20PPMの水は、一般的に害毒は無いと思われますか? 毎日飲む水でちょっと不安を感じています。

oil999さんのコメント
TDSメーターの値だけでは絶対に無害とは言えませんが、一般的に日本の水道水は100?150PPMの値を示します。20PPMはかなりの軟水です。

2 ● suppadv
●25ポイント

活性炭処理と逆浸透膜浄化であれば、普通に考えると害毒は無いと考えます。

余裕があるなら、イオン交換樹脂処理も取り入れるというのも、お勧めです。
万が一重金属イオンが多い水でも安心できます。


3 ● pigmon88
●25ポイント

そんなに神経質ならタイに住むのをやめるというのが正解なのでしょうが、水についていえば、ベリタの浄水器を使ってみたらどうでしょう。神経質なドイツ人が使っているやつなので、まあまちがいないでしょう。フィルターの優秀さは実証ずみ。

BRITA (ブリタ) ポット型浄水器 ナヴェリア (1.3リットル)

BRITA (ブリタ) ポット型浄水器 ナヴェリア (1.3リットル)


4 ● ニャンざぶろう
●25ポイント

No.1の回答の方が言われるようにTDSメーターは導電率を測っているので
たとえば食塩などが解けている場合は活性炭では除去できないので数値が変わりません。

必要であれば軟水化フィルター等のイオン交換樹脂や
ゼオライトなどでカルシウムやマグネシウムイオンを除去すれば
100PPM以下に抑える事が可能だと思われますし
水溶性のイオンであれば
逆浸透膜浄水装置に入ってもクリーニング処理で排出されるはずですよ。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ