人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

現在新しく犬を飼おうと思っているのですが、ペットショップで犬を購入するかブリーダーから購入するか迷っています。 両方のメリットデメリットについて教えてもらえると嬉しいです。

ブリーダーの方から購入したほうが安く買えるとういう感覚はあるのですが、ブリーダーはエンドユーザーと沢山直接取引をしてしまうと、販売店から圧力かかって商売が成り立たなくなるかもしれないので、あまりエンドユーザーと直接取引はしたくないものなのでしょうか?


●質問者: ion10
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● tibitora
●20ポイント ベストアンサー

ブリーダーさんからの場合は、子犬が親犬や兄弟犬と一緒にいられるのでその分ペットショップに居る子よりは犬社会での社交性を身に付けることが出来るそうです。

こちらも見つけましたのでご参考になりますと幸いです。
http://www.petzkan.com/vs.html
ブリーダーとペットショップ
ペットショップの実例
ブリーダーの実例
http://breeder.livedoor.biz/archives/50121360.html
子犬の成長から見た、最適な引渡し時期は、早くても生後8週(生後60日ごろ)です。
子犬は、生後3週の終わり頃から4週頃に子犬用のドッグフードをお湯でふやかした離乳食を少しずつ食べるようになります。まだ、離乳はしていない状態で、母犬が必要な時期です。

生後6週頃には、甘えん坊の子もいますが、完全に離乳食だけになります。子犬は乳離れし、母犬から独立して生活することもできます。

そのため、この生後6週頃(生後42日)でも引渡しは可能です。ペットショップのように店頭に並ぶ子犬は、この時期に親元を離されます。

ですが、母犬や兄弟達とあと2週間くらいは一緒に過ごしながら、犬社会のルールを学習して、犬同士での社会性を身に付ける大切な時期でもあります。子犬の社会化期と呼ばれる時期です。

犬社会のルールを学ばないと、他の犬と仲良くできない、ケンカをしかけるなど、問題行動を起こしやすくなります。


http://www.poodlelife.net/shop_meritdemerit.htm
子犬の購入先のメリットデメリット
子犬をどこで購入するかも重要なポイントです。
ペットショップやブリーダーなどから購入することになりますが、購入先によってメリットデメリットがありますので、良く考えて決めましょう!
・ブリーダー(個人繁殖家も含む)
・ペットショップ(店舗陳列販売)
・通販仲介業者(無店舗)
・ネットオークション


2 ● ウカイサイコ
●20ポイント

ペットショップは、大抵犬のしつけとかがままなっていなかったり、
単独飼いがおおいから、寂しがりやな犬になったり、
ほかの犬と遊ぶのが下手な子も出るそうで。

あと、ペットショップよりは、ブリーダーさんの方が、
よりマニアックな子犬や自分好みの犬が見つけられることが多いそうです。


3 ● taroe
●20ポイント

>ブリーダーはエンドユーザーと沢山直接取引をしてしまうと、販売店から圧力かかって
>商売が成り立たなくなるかもしれないので、あまりエンドユーザーと直接取引はしたくない
>ものなのでしょうか?

個人取引をすると、後々のトラブルがあると面倒なのでエンドユーザーとは直接取引しない方はいます。

結局は、
良心的なブリーダーや、良心的なペットショップで購入するのがお勧めです。

ペットショップでも販売後に、ちょくちょく聞きに来る客を邪険にするところがあります。


4 ● otusoham
●20ポイント

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1148601241

http://www.petzkan.com/vs.html

ブリーダーの方がいいみたいです。


5 ● ruirui01231
●20ポイント

http://breeder.aikenonline.jp/contents/look_for_puppy.php
質の良い子犬が迎えられる
犬種のプロから迎えられる
優れた血統の子犬を迎えられる
購入後も十分なアドバイスがもらえる
健康な子犬を迎えられる
よい気質の子犬を迎えられる
身元がはっきりした子犬を迎えられる
適正な価格でよい犬を迎えられる

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ