人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

血液型性格診断
血液型に基づく性格診断の無効性は立証されているのでしょうか?
たとえば、血液型に応じて、生成されるタンパク質や神経伝達物質に差異が生じて、性格に影響する、等といった現象を医科学的に否定証明する論文などは存在しますか?

●質問者: qwerty
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hathi

[血液型に応じて、生成されるタンパク質や神経伝達物質に差異が生じて、性格に影響する、等といった現象] が“ある”という生理学的、医学的、心理学的研究結果は存在しないでしょう。
そもそも 「血液型に応じて、○○が生じる、○○に影響する」ということをどのように研究することが可能ですか。“血液型を変更して、”因果関係の有無を確認検証することもできないでしょう。○○が特定の血液型に固有のものであるという調査でもあれば、血液型と○○に共通の原因とか、○○が血液型に関係するということも調査してみれば良いでしょうが、そのような固有性も認められないもの、あるいは顕著な傾向さえも認められないものに関して、調べようがないでしょう。
タンパク質の型、神経伝達物質の生成や抑制に関して、その機序や影響要因を調べることでもまだ緒に就いたばかりです。
なお、血液中の抗原は、赤血球・血小板・白血球・血漿などに存在し数百種類が知られており、その組み合せによって決まる血液型は膨大な数(数兆通り以上という説もあり)になる。世界を捜しても、一卵性双生児でもない限り自分と完全に同じ血液型をしている人はいないとすら言われる状態です。血液型から生理的な何かを導き出せると研究する人さえも少ないでしょう。
http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/BloodMAO.html

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ