人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

読書について質問です。本を読んでいてなかなか理解しにくかったり、せっかく読んでも内容を忘れてしまったり、自分のものにすることができなかったりすることがあると思います。

そうならないために、皆さんで工夫してやっていらっしゃることがもしありましたら、お聞かせいただけませんか?

●質問者: kumagoro779
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 23/23件

▽最新の回答へ

1 ● kurupira
●10ポイント

辞書を持ちながら読むか、わからなくても本を読んでから数年後また読むと理解できることがあります。
読んでから内容をすぐに忘れるということは自分に合ってなかったと考えます。


kumagoro779さんのコメント
なるほど確かにそうですね。ありがとうございます。

2 ● oil999
●5ポイント

付箋読書

D


kumagoro779さんのコメント
付箋読書というものがあるのですね。知らなかったです。ありがとうございました。

3 ● たけじん
●5ポイント

一回で理解しようとしない。気長に付き合う。
そして、
「こんなに読んでもわからないのは、書いた人が悪いのだ」
と思い込んでみる。
それだけでは身も蓋もないので、同じことを書いている別の人がいれば、その著作も読んでみる。


kumagoro779さんのコメント
気長に付き合うことも大事ですね。ありがとうございます。

4 ● tdhr1987
●5ポイント

読むだけ読んで暫く忘れる。


kumagoro779さんのコメント
確かに忘れるのも大事ですね。ありがとうございます。

5 ● a-kuma3
●30ポイント

忘れてしまうのも、また、一興。
何度も読み返すと、また、新しい発見があったり。


こういう質問が出るということは、その読書の対象は技術書だったり、実用書の類の書籍を想定しているということですよね。
ぼくは、実用書の類はほとんど読みませんが、仕事柄、技術書の類は結構読みます。
覚えようと思って読んでません。
だって、そこに書いてあるんですから。
忘れたら、また読めば良いだけじゃないですか。
何度も読んでると、そのうち、いくらかは頭に残ってますが、やっぱり確認のために、また、読んだりしてしまいます。

技術書の類は、物書きのプロが書いているわけではないので、著者の頭の中身が(読み手の自分にとって)ストレートに紙に落ちていないこともしばしばあります。
分かるまで付き合うか、それとも、他に浮気をするか。
それもまた、読書の面白さのような。

もう一度、書きます。
読み返していると、新しい発見が、たまにあります。
変に分かった気になって、一度読んだらそれっきり、というのもつまらないのではないですか。


# いや、けっして、ぼくが物忘れが激しい、って話ではないですよ :-)


kumagoro779さんのコメント
そうですね。実用書・技術書を主に想定していました。表現上わかりにくいことがたまにありまして・・・再読というのは大事ですね。ありがとうございました。

1-5件表示/23件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ