人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

手形、小切手法の設問を分かりやすく回答、説明よろしくお願いします。

1、約束手形のおいて満期の決め方によって確定日払、日付後定期払、一覧払、一覧後定期払の別があるがそれぞれ具体的な例を挙げて答えなさい。また確定日払において?満期が振出日以前の場合?暦にない日を満期とする記載(11月31日など)?満期をたとえば「旧暦の8月15日まで」とする場合?満期を複数書く場合?満期を「11月1から11月30日まで」などと記載する場合について手形が無効であるか有効であるかにつき、各自の見解を述べなさい。

2、約束手形の手形要件として「支払地」が定められているが?支払地の記載がない場合(振出地の記載がある場合と無い場合、支払場所の記載が地の記載を含んでいたり支払地を推測できるような場合とそうでない場合についても言及しなさい)?実在しない地である場合?記載された地名がほかにも存在する場合?支払地の記載があっても支払場所の記載がない場合などについて手形が有効であるか無効であるかにつき、各自の見解を述べなさい。

出来るだけ詳しく分かりやすく回答、説明してくれると幸いです。回答よろしくお願いします。


●質問者: okeat0326
●カテゴリ:学習・教育 経済・金融・保険
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ