人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

安倍内閣の課題 ? 公明党との連立は合法か ?

安倍首相は、自民党総裁選から、両院議員の首班指名を経て組閣した。
首相に選ばれた大臣を、天皇が認証し、いつでも解任・解散できる。
大臣は、しばしば民間人からも選ばれ、いつでも代理・兼任できる。

公明党との連立は、はじめは党内でも「悪魔と手を結ぶもの」と非難
されてきた。大臣を一人加えるだけで、議会の過半数を得られるからだ。
政策実行のための方便だが、民主主義のルールからみて不備がある。

どの政党の党首も、党員ないし議員の投票で選ばれるのが原則である。
もし、対立候補がなければ、無投票当選のルールはある。
しかるに、公明党の党首選出は、つねに一人しか立候補しないのだ。

このような慣習が、不自然に踏襲されている“公明な”党を“自由で
民主的な”党が受け入れるのか、いまこそ政権与党は説明すべきである。
元民主党代表は、天皇の公務も民主主義に準拠すべきだと云った。

(この質問は、公明党批判が目的ではなく、与党の解釈を問うている)

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

公明党との連立は合法であるはずもない。
非合法に決まっている。

日本をとりもどすなんぞと、大きなこといいながら、このようないい加減な行為にでようものなら・・・
許されるはずもない。


しかしながら、それを承知で平気でやるのも、これまた自民という党派

政治家とは認めていない。
烏合の衆が徒党を組んでいるのが自民党

そう言われたくないなら清潔な部分を見せて欲しいじゃないか。

清潔ではやっていけないというのなら、オトナにはなれまい。



上は独断と偏見に基づく・・・のは承知で回答


2 ● 匿名回答2号

>どの政党の党首も、党員ないし議員の投票で選ばれるのが原則である。
> もし、対立候補がなければ、無投票当選のルールはある。
> しかるに、公明党の党首選出は、つねに一人しか立候補しないのだ。

上記の事で、政党の要件を認めないのであれば、共産党も日本維新の会も同じ政党で無いという事です。
(ついでに社民党も。 でも、あそこは政党ごっこをしているだけですね。)
私は、公明党の支持者ではありませんが、政党の指導者(党首)を選ぶ方法は各政党の裁量に任されており、党員でも無い第三者がとやかく言う資格はありません。

余談ですが、一党独裁と云われている北朝鮮(朝鮮労働党)や中国(中国共産党)も、一応選挙によって指導者が選ばれていますよ。
ただし、間接選挙ですけどね。


質問者から

>党員でも無い第三者がとやかく言う資格はありません<
その党に、大臣の椅子を用意する見識を問うている。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ