人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【人力検索かきつばた杯】

かきつばた杯を開催します。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%CD%CE%CF%B8%A1%BA%F7%A4%AB%A4%AD%A4%C4%A4%D0%A4%BF%C7%D5

〆切は質問者の気分により前後します

お題:
「ハッピーニューイヤー」

オーヘンリーの「よみがえった改心」が好きなので、自らが破滅するとわかっていても愛する人の笑顔のために全てを捨て去るようなお話がいいな。

●質問者: garyo
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● グラ娘。
●100ポイント

とある国の大統領が年末年始の休暇で別荘でくつろいでいると、庭にこぶりの宇宙船が着陸した。
中からは宇宙人が出てきた。
「我々はG星に住んでいたG星人というものです。G星が、異常気象でそれ以上住めなくなり、新しい星を探して旅をしているものです。それで、住めそうな星を見つけてはこうしてご挨拶を行っているのです」
宇宙人はそう言った。
「それではあなたがたはこの地球に住むつもりなんですか? たしかに私はこの国の大統領です。ですから私には大きな発言力があります。しかし、私個人の意見ではあなた達を地球に住ませても良いか決められません」
そう語る大統領に対して宇宙人は、
「いいえ、私達は、その星に先住している種族を尊重しています。高度な文明を持つ種族はもちろんのこと、なんらかの生き物が誕生している星に住むことは今は考えていません。まだ生命の誕生していない星を探して旅をしているのです」
「それでは、ここへは何をしに来たのですか?」
大統領の問いかけに、
「せっかく出会えたのですから、我々の技術を教えて差し上げているのです。みたところあなたたちの文明は発展していますが、まだまだ我々の水準には達していないように思われます」
「それはそうでしょう。まだ恒星間飛行も実現できていないのですから」
「これが私達の持っている技術のデータです。読み取り用にこちらの機械も置いておきます。この機械にこのデータをセットすれば、我々の技術がわかるはずです。では、他の国にも回らなければいけないので我々はこれで失礼します」
それだけ言うと、G星人は宇宙船に帰り、飛び立っていってしまった。
大統領は喜んだ。簡単にみただけでもG星の技術はすばらしく、今自分の国で起こっている様々な問題を解決できそうな高度な技術だったのだ。

数万年後、再び地球にG星人がやってきた。
「これはどうしたことだろう。あの時私達の技術を伝えたのに、地球人は酷く原始的な暮らしをしている。あの時栄えていた文明も跡形も無く消えてしまっているようだ」
数万年前、G星人が地球人に技術を教えた時には、あの大統領が居た国だけでなく、他の全ての国にも同じように技術を伝えてしまっていたのだ。その中には悪いことを考える独裁者の国も含まれていた。
だから、G星人の技術は戦争に使用され、世界を滅亡させてしまったのだ。僅かに生き残った人類は、文明を忘れ、狩猟の生活を送っている。
「どうして、どこの星も我々の技術を贈ると滅亡してしまうのだろう? 他に星が見つからないから、もし良かったらこの星に住ませてもらおうかとお願いするつもりだったが、技術を悪用するような星では安心して暮らせない。やはり、誰も住んでいない星を探そう」
今度は、G星人は、地球にはなんの技術も伝えずに、他の星を目指して飛び立った。


2 ● GM91
●100ポイント

『星に祈りを』

寮長の僕は、11月に入ると、寮生達の年末の予定を確認して寮監へ報告することになっている。正直、面倒くさい仕事だがまあ仕方が無い。
まあ具体的には先週配布した回答用紙の未提出者を個別に当たるだけなのだが、……結構その手の輩が多いんだよな。
(401号室……三上か)

三上は同級生だが、かなりの変わり者で通っている一人だ。かなりの通信機マニアという噂で、自室は怪しげな機械で埋め尽くされていると評判だ。僕は奴の部屋に興味があったが、わざわざ訪ねて行くような間柄ではなかった。
三上は訪ねて来た僕に、ドア越しに部屋の中で待つように言った。
「三上、一応聞いておくが年末はどうするんだ?」
こいつも俺と同じく戦災孤児ってやつで、帰省する宛はないはずだ。こういう無粋な質問をしなくてはならないのも寮長の辛いところだ。まあ、内地の学校とは違って、戦災孤児なんて特に珍しくは無い。大陸の権益を求めて植民地化を進めてきた我が皇国が、西域連邦と衝突するのは必至だったし、今も北方200kmの地点で皇国軍と連邦軍の睨みあいは続いている。

「ああ、年末年始は忙しくてな。寮に居るよ」
「そうか、わかった」
用件はそれで済んだが、僕は三上の部屋に雑然と置かれた装置達に興味津々だった。
「なあ、これって何の機械なんだ?」
「通信機さ」
「通信って、どこと?」
「どこっ……て、そりゃ色々さ」
「色々じゃわからねえよ」
「う?ん、例えば別の天体とかだな」
「別の星って……」
「定期的にやりとりがあるのは地球だな」
「地球ってあの地球か?」
「そうさ」
地球と言うのは人類発祥の星で、今我々が暮らす天体からは遠く離れた場所にある。
その昔、地球から新天地を求めて星の海を渡った命知らず共の末裔が俺たちってわけだ。
「バカ言え、300光年は離れているんだぞ」
「ああ、3Gだと1年くらいはかかってるな」
三上によると、3Gと言うのは第3世代型恒星間通信システム、の略だそうだ。比較的低出力で通信が出来るのが特長だが、強い指向性がありお互いの空間座標を特定しないといけないのが問題点だそうだ。

「最近ずいぶん進んでるんだな」
「バカ言え、30年以上昔の技術だぞ」
三上によると、恒星間通信の主流が4Gに置き換わったが約20年前。4Gの特徴は中継ポイントを多数設置してネットワークを形成する点にあり、以後の世代もこのネットワーク型が主流になった。また、それによりピンポイント型である3Gは廃れたそうだ。

「じゃあ今なんでネットワーク型を使わないんだ?」
俺の疑問に、三上はそんな事も知らないのかと言わんばかりの声色で説明してくれた。
「インフラが整備されてないからさ。ネットワーク型は中継局同士が定期的に座標データの交換しなけりゃただのガラクタになっちまう。しかしお上ときたら地べたの戦争に忙しくて、電信ごっこには興味がないんだろうさ」
「じゃあ3Gは?」
「3Gは、相手の座標さえ特定できれば送信できる。もっともこちらが受信する為には相手がこちらの座標を把握しておく必要があるわけだが……一から座標計算するだけの能力を持った計算機は内地に数台あるかないかだな。まあ今は戦争の勝ち負け占いにこき使われてるだろうから、電信ごっこになんて貸しちゃくれないだろうがな」
「じゃ、どうしてるんだ?」
「簡易的には、何らかの電文を受信できれば、そこから座標データを逆算できる。それくらいならウチの計算機でもまあなんとかなる」
「それって、特定の相手が……」
「居るんだよ。そういう酔狂な奴が、あっちにも」

僕はいつの間にか三上の話に夢中になっていった。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

冬休みに入っても、僕は相変わらず三上の部屋に入り浸っていた。
三上にしても、俺の淹れるコーヒーが気に入ったそうで、お互い様ってことだ。

「おい、聞いたか?連邦軍にハルハ要塞を落とされたって話」
「ああ、軍用無線も最近は暗号の掛け方が甘い。中には平文で打電するバカも居る」
この男はラジオ代わりに軍用無線を傍受している。これは奴曰く「純然たる趣味」なのだそうだ。摘発されたりはしないのか不安に思ったが、コチラから発信しない限りは問題は無いそうだ。それに3Gは送信先以外への影響は皆無であり、それを傍受されたりする怖れは無いと言う。
「最初は新手の攪乱作戦なのかとも思ったが、残念ながら違うらしい。 第2次防衛ラインを突破されるのも時間の問題だろうな、そうなると、 本格的に内地へ疎開を始めるらしいぞ」
それから三日後、任意ではあるが全寮生に疎開勧告が出た。

「三上、お前残るって本当か?」
「やることがあるからな」
「連邦が攻めて来たらどうするんだ?」
「まだ決まったわけじゃないさ」
「たかが電信じゃないか?生きてりゃまた再開できるさ」
「年末年始が地球との交信チャンスなんだ、逃すと座標の再計算が必要になる」
もちろん、それは地球との交信の機会をほぼ永久に失う事を意味する。それは僕にもわかる。
……しかし、だからって。そう思った僕の心を見透かしたかのように三上は言葉を続けた。
「俺たちは地球人だ。故郷を遠く離れてもその心を失うわけには行かない」
地球人、その言葉に僕は何か細くて強い絆のようなものを感じた。理由はよくわからなかったが。

「俺も手伝うよ」
「無理に付き合う必要はない」
「良いんだ、どうせ帰るとこなんて無いしな。それに僕のコーヒーが飲めないと寂しいだろう?」
「勝手にしろ」

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

年が空け、元日の夜も大分更けたが、僕と三上は通信機の前で何杯目かのコーヒーを啜っていた。
三上によると、今夜遅くに地球からの電文が届く可能性が高いということだ。まあ尤も相手の送信タイミングにもよるから一概には特定出来ないが、相手もマメな性格の様でここ数回のやり取りでの受信時刻の誤差は約6時間前後。これは通信そのものの精度とほぼ同じ数値だ。
コーヒーの効き目も薄れ、僕が船を漕ぎ始めた直後に「受信機」が鳴動を始めた。
「三上?」
「ああ、受信してる。復号してくれ」
「了解。『お便りありがとう。そっちも大変だろうが、こっちも似たようなもんだ。なんとか無事でやっています。星暦1277年1月2日。新美原市天文台』やった!」
「よし、予定通りだな」
三上は、送信機のコンソールに向かうとキーボードを軽やかに叩き出した。
『HappyNewYear! 今回は残念なお知らせがあります。詳細は5分後に送信する第2信をご確認下さい。星暦1278年1月2日。TEパプソニアG2天文台』
「送信完了。第2信の送信準備。座標修正+4、+8、?12」
「了解。座標修正+4、+8、?12……」

僕は、寝不足の眼にチカチカ刺さるコンソールの星たちに、この電文が無事地球まで届く事を祈った。

(了)


3 ●
●100ポイント

「さあ、新年まであと1時間を切りました!! 現場はどうなっているんでしょう、後藤さーん!!」
五月蠅い。テレビのプラグを勢いよく引っこ抜いてやったが、気分が良くなるわけでもなく、どうすべきかも分からずビールを喉に流し込んだ。芯の方から体が冷えていくような気はしたが、頭に昇った血は冷めてはくれなかった。逆に頭痛が激しくなる。外の空気でも吸うか、と裸足のまま窓を開け、ベランダに出た。
雪が舞い降りる先は汚れたアスファルトばかりで、その汚いアスファルトの上には着飾った若い男女やはしゃぎまくる餓鬼を連れた家族が坂を上っていた。坂の上の神社にでも行くのだろう。全く、真冬の深夜によくそんなことができるものだ。溜息を吐くと吐息は白く曇り灰色の空に吸い込まれていく。目で追った先の空を見て、無意識に視線を地へと逸らしてしまった。

――あの空を翔けていた。つい先日まで。

人ならざる者が見えたあの頃、あちらとこちら、二つの世界を救う為、人とは違う生き方を余儀なくされた少年時代。闘いが終われば勇者として迎えられ、その後も悪が復活を果たすたびに何度も死闘を繰り広げ、最後は伝説とされる力を手に決着を着けた。あちらでは人々に讃えられ、心許せる仲間もできた。しかしこちらには知られてはいけない世界。そう、お約束みたいなもので、俺の為しえたこと全て、誰も知らない。
そして二十を迎えたあの日、二つの世界を繋いでいた空の門は姿を消した。否、見えなくなった。俺は地上に置き去りにされた小鳥……何もできないただの人間になってしまった。
哀しかったし、悔しかった。淋しかった。俺が作り上げた平和の中で何も知らずにのうのうと生きている人間が憎くもあったし、俺を拒絶したあちらの人々を恨んだりもした。
しかし、いくら経っても何も変わらず、俺はただの大学生に戻ってしまった。あの頃は戦闘のために何度も抜け出した授業も毎日出席し、やる時間もなく真っ白だったレポートは今ではそこそこの評価がもらえるほどに。あんなに嫌だった勉強を逃げに使う日が来るとは思いもしなかった。
もう一度空を見上げてもあの神々しい白銀に光る空の扉は見つからない。
「いくらバカだからって、お前らのこと忘れて生きられるようなバカじゃねえよ、俺は」
酔った勢いで泣いてしまおうかと顔を歪めてはみたが、もう素直な涙は流れなくなっていた。

「本当にこれで良かったのですか」
異界の風景の広がる窓を眺めていた女性に、見回りで通りがかった門番の男が言うが、相手は表情一つ変えず「これで良いのです」とだけ言うと、また窓の外に視線を戻した。
「王女!!」
門番と入れ違いに一人の青年が駆け寄り、女性の傍に跪いた。顔を歪ませ、感情に任せて訴えかける。
「あいつに…勇紀に、何も言わないまま別れるのですか!?」
「ええ。この世界が滅べば、この世界での記憶も全て失うでしょう。お別れをしてもいずれ忘れられるのは分かっていますから」
空を見上げる王女の瞳に映っていたのは、今にも墜落しそうな巨大な星。青い焔をあげながら日に日に近付くそれは、この世界に伝わる神話の通り「神の遣わした破壊の精霊」である。神がこの世界を、愛すことはもうないということ。悪しき者がここ数年の間に何度も全世界を手中におさめようと暴れ、異界から招かれた勇者によって何度も封印を繰り返した。しかし、勇者がこの異世界でその一生を過ごすことはできず、元の世界に戻るたびに封印は緩み、悪が復活を遂げれば人の好い彼の者に何度も救ってもらった。その輪廻を絶たんと、神は世界を破壊することを選んだ。
門を閉めれば、異界まで滅ぶことはなくなる。この世界だけで充分な筈。そう、誰もが分かってはいた。彼が二十を迎えると聞いていたあの日、突然閉められた門に人々は怒り、悲しみ、様々な感情を抱いた。信じがたいことに、閉めたのは王女だった。
「共に闘った貴方には辛いことかもしれません。しかし、我々の問題につき合わせてしまった彼に、もう頼ってはいけません」
特別な想いを抱くほどにまで彼を信頼していた王女は、それでも氷のような態度を崩さず、青年のもとへ歩み寄った。王女が彼を愛していることを知っていた青年は、しかし紡ぐべき言葉を飲み込むしかできなかった。
「一刻も経たぬうちに星は墜ちるでしょう。残された時をどう使うかは自由ですが、どうか大切な方の傍で、最期を迎えなさい」
そう優しく微笑みかけられた青年は、仕方なくその場を立ち去った。また一人きりになった王女は、全ての窓を開け、眼下に広がる異界の景色を望んだ。
「そんな顔をしないで下さい。貴方の為なのです。私たちにできる精一杯の償いなのです」
ぽつりと、異界の街を眺めながら王女は呟いた。瞳に愛しい者の姿を映して。彼の傍に居たいと、彼と一生を共にできたらと、何度も思った、その想いを伝えんとして。

「10秒前です……カウントいきますよぉ、5秒前!! 4 3 2 1 …」


4 ● GM91
●100ポイント

『宇宙の掃除士 #04』

「よし、いいぞ。最終手順に入る」
「了解です。博士」
「システム、オールクリアー。Fシステム蘇生モード起動します」
「よし」
博士、と呼ばれた男の合図で、冷凍カプセルは小刻みに振動を始めた。やがて、カプセル内を満たしていた白い霧が晴れ、中に居る人物の姿が露になる。歳格好からすると若い女性の様だ。
「体温、37℃で安定」
「心拍数、60を超えました」
「脳波、異常なし」
「呼吸音確認、蘇生しました!成功です!」
「おお」
カプセルを取り囲む白衣の面々は、安堵とも歓声ともつかぬどよめきに包まれた。
「おめでとうございます、博士」
「まあ、2度目だしね。いや、とにかく良かった。我が一族の悲願ここに成就せり、ってとこかね」
やがてカプセルの蓋が開き、中の女性が目を覚ました。
「私は……一体?」
「ミカ・アラキ少尉、奇跡のご帰還、おめでとうございます!」
「あなた達は?ここは……一体?」
博士と呼ばれた男はもったいぶった素振りで答えを逸らした
「それは……あちらからご説明いただきましょうか」

「HappyNewYear!……でいいのかな?眠り姫さん」
「隊長!」

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「どこにいるんだッ!ブリュレ、応答しろ!」
G.A.I.A.のコクピットでいくら吼えても、真空の宇宙には何も響かない事くらい俺にもよくわかっているが、そうせずには居られなかった。
《行動限界を300秒超過しています。危険です》
「うるせえ!」
G.A.I.A.の支援システムはさっきから警報を鳴らしっぱなしだが、俺は絶望の海へと沈むことを頑なに拒み続けていた。しかし、それもそろそろ限界だ。
(もうダメか?)
そう覚悟を決めかけた時だった。
『隊長!こちらカステラ、ブリュレのものと思わしきビーコンを発見! 回収します!』
『こちらウィロー!ササダンゴ応答願います!ブリュレの座標を特定した! 救援隊!頼む!早く来てくれ!!』

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「なんてこった……」
大方の予想通り、アラキはFシステムを起動していた。
Fシステム、簡単に言えば冷凍冬眠システムのことだ。アラキはG.A.I.A.の生命維持モードの限界時間が来る前にFシステムを起動させ、自らを冷凍冬眠させたのだ。理屈上は懸命な判断とも言えるが、問題は蘇生の方法がまだないということだ。

「そう悲観したもんじゃない、Fシステムをもし載せていなければ今頃……」
整備班長でアラキの飲み仲間だったスガセが慰めようとしているのは解っているが、俺にはその言葉さえ素直に受け止める事ができない。
「しかし、これじゃ……」
「彼女は強運の持ち主さ、…… 信じるしかない」

その夜、バー「サンテックス」で一人ブランデーをあおる俺を訪ねて来たのは、部下のタカノだった。
「どうした?」
「隊長、お願いがあります」
「何だ?」
「スイーツ隊を除隊します」
「どうして?」
「Fシステムの開発チームに入りたいんです。お願いします」
まだ方法が確立していない蘇生機能の研究をしたい、そういうことだった。俺にそれを阻む理由はない。
「わかった」
俺は翌日、タカノの除隊届を正式に受理した。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

タカノの情熱は最早執念と言っていい程のもので、なんと5年もしない内に蘇生方法の基礎研究とやらを確立させた。平たく言えば、それまで「理論上は可能」であった蘇生について、より現実的な手段であることを実証した。もちろん、人間に対して実用化するには、時間のかかる臨床試験が不可欠なのだが、それでも大したもんだ。
タカノは無理が祟ったのか、この頃急激に体調を崩して入退院を繰り返している。ただその眼だけが異常とも言える輝きを宿していた。俺は祝福と心配を兼ねてタカノの入院先へと向かった。

「よくやったな、正直ここまでやるとは思わなかった。あとは臨床試験だな」
「残念ながら、僕の体はそれまで持ちそうにありません」
「弱気な事を言うな」
「いえ、自分のことは自分でわかります。もって2?3年だと思います」
……俺は俄かに同意できなかったが、タカノが言うのならほぼ間違いないのだろう。
「そうだ!Fシステムを使えないのか?ここまで来れば……」
「ダメです。早く臨床試験の見通しを立てないと……正直、一刻も惜しい。ここまで来て頓挫させるわけにはいかない」
「しかし……」
「いえ、そんなことは初めから覚悟していたことです。それよりも、もっと別の問題があります」
「何だ?」
「今の試算では、臨床試験を経て蘇生機能が実用化するまでに約100年前後かかります」
「100年……アイツの体は持つのか?」
「Fシステムの被験者は問題ありません。元々その為のシステムですし。……問題は我々の寿命です。アイツが蘇生した後、見知った人間はもう誰もいないことになります」
アラキはお調子者だが、それは人一倍寂しがりな性格の裏返しでもある。女心に疎い俺もそれくらいはわかる。目を覚まして、ただ一人未知の世界へ居る事を知った時、アイツはどう思うだろうか?いや、アイツの事だからきっと表向きは気丈に振舞うのだろうが。
……全く、しょうがねえな。

「よし、俺が行く」
「……隊長ならそう仰ると思いました。しかし、皆さんが生きてる間には解凍できませんよ?」
「わかってる。ほんとは代わってやりたいが……能なしですまん」
「……いえ、よろしく……お願いします」
そう言って笑ったタカノの顔は心底嬉しそうにも見えたが、俺は奴がアラキの真似をしていることには気がつかないフリをした。それくらいしか俺にできる事はなかった。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

1週間後、俺は「未来」への出発の日を迎えた。かつての戦友達も駆けつけてくれたが、皆俺と同じで意地っ張りなせいか、しんみりした雰囲気は全くなかった。

「嬢ちゃんによろしくな」
「土産物はC?500コンテナに詰めてある。どうせ後日追加はあるだろうからその都度Indexを更新しておくよ。まあ時間はいくらでもあるしな」
「すまないな、色々」
「お前の為じゃねえよ!嬢ちゃんの事が好きなんよ、みんな」
「ひでえ、俺はパシリかよ!おい、タカノ、とっととやっちまってくれ、けったくそ悪い」
無言で頷いた白衣のタカノが部下に何かを指示すると、Fシステムはその胎動を始めた。
「じゃ、ちょっと行ってくらあ」
やばい、下を向くと涙がこぼれそうだ。
「あばよ」
「ああ、元気でな」

《Fシステム起動、冷凍モードの起動パスを入力下さい》
「Trick or Treat.」

そして俺の体は白い霧に包まれ、未来へと旅立った。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

落ち着いて話ができる場所を、というアラキのリクエストに対して俺が選んだのはバー「サンテックス」だった。
約100年が経過した基地内は全てが俺たちの見知らぬ風景となっていたが、唯一ここだけが時間の止まったかのように以前の姿を保っていた。

「そんなことが……」
「あ、そうだ、俺も昨日聞いたばかりだが、さっきの博士はタカノの甥の孫なんだそうだ」
「へえ……そうなんだ……」
アラキは、いつになく沈んだ表情で目を伏せたままだ。

「HappyNewYear!」
「?」
「やっと58回目だ。おお、見ろ!100年物だぞこれ!……スガセの奴だな。気が利くじゃねえか」
俺は「預け荷物」の中に年代モノのブランデーを発見し、歓喜の声を上げた。ラベルには、ちょうど俺が「旅立った」翌年の日付が入っている。
「隊長、瓶じゃ熟成しませんってば!」
「細かい事は気にすんな、HappyNewYear!59回目!」
「はいはい、HappyNewYear!60回目いただき!」
「あ、お前!ずりぃぞ!」

(ひょっとして100年も寝かせりゃ瓶でもそれなりに熟成するんじゃないか?)
本気でそう思えるほど、深くて甘くそしてほんの少しだけ苦みの利いた絶妙なブランデーだった。
傍らでグラスを揺らすアラキもきっと同じ事を考えているに違いない。

「HappyNewYear……皆、ありがとな」

(了)


5 ● 琴木
●100ポイント

「ふぅ……」
十二月三十一日、世に言う大晦日。明子は正月に食べるものの準備、いつもの家事より少し大げさな掃除を済ませ、一息ついて時計を見た。時刻は深夜十一時半。リビングが静かだ。明子の父も母も、明子が活動している間に寝たらしかった。本当は自分も寝たかったのに豪勢な料理の準備に時間を割いて居たのは、歳の離れたいとこの一家(と言っても三人だ)が、正月祝いに訪れるからだ。
明子は今年で四十になる、華の独身。兄は結婚して千葉に居るが、病弱の子供を抱えているため、実家に帰ることは少ない。一族で一人っ子でないのは明子の家族だけで、婚期を逃したころから、明子は心に決めていた。“両親を看取るまで、私は結婚しない”と。孫を見せたい、という気もあったが、これが一番しっくりくる、自分なりの親孝行だった。
「おとーさん、おかーさん。」
呼んでみる。返答はない。やはり寝たらしい。寝室に行って寝息を確かめてホッとした。まだ、両親は生きている。難聴気味の父は若くしてインフラ整備の会社を創立した企業家であるが、心臓を患いやめてしまった。なかなか難しい病気らしく、家族は自治体の援助と母の稼ぎと、某有名建築会社に就職した兄の稼ぎで家計を支えていた。今でも父はそれを、とても情けなく思っているらしい。母も母で、若いころに比べたら細くなり、背が丸くなった。加齢のせいである。人間が逆らえないものだし、根っから明るい性格の母は、いつでも笑っている。
明子も明子で、数か月前、二十年近く勤めた会社をクビになった。リストラ、というやつだ。『自主退職してくれたら退職金も出るし、勤務形態はアルバイトだけれど、採用口もある』と上司に言われ、素直にそうした。高卒の自分に、この上司を言いくるめて正社員でいられる自信がなかった。今は、かつての同僚のアシスタントのような仕事をしていて、気まずい。両親の高齢化、兄の一家、そして自分のこと。考えると憂鬱になる。そういうのは考えないのが一番、母の教えだ。
「……寝よ。」
疲れ切った明子の体は、ある意味、欲に忠実だ。父と母の息を確認すると、一気に疲れが襲ってきて、ベッドに突っ伏して寝た。

テレビの音がする。子供の頃は嫌いだった、玉ねぎ入りの味噌汁のにおい。目玉焼きがいい音をたてているであろう、油のはねた音。それにつられて、目が覚めた。
「おはよう、明子ちゃん。」
驚いた。発信源は母だろう。父は料理ができない。
「お、お母さん!どうしたの!御免ね、あたし、寝坊しちゃって……もう、寒いんだからリビングいていいよ、あたしが作るから。おせちも作ってあるから。」
「あんたは何でもできるねぇ、いや、私たちのせいかしら。こんな老いぼれでもね、軽い朝食なら腰に負担にもならないのよ。ねぇ、お父さん……って、お父さんに聞こえるわけないけど。ハハハ。」
母の言うとおり、父は隣のリビングで新聞を読んでいる。まるで、そこだけ時の進みが遅いようだ。
「と、とりあえず手伝うよ。」
「ありがとう。」
この母の笑みも、幾分か老いた気がして、明子はなんだか切なくなった。

朝食が出来上がり、冷蔵庫から昨日作ったおせちを取り出し、温かいものはレンジにかけた。腰の悪い母にはレンジを見てもらい、明子は料理を運んだ。明子の出入りに、ようやく父が明子に気付いた。
「おはよう、明子。」
「おはよ。お父さん、あたし、さっきっから起きてるよ。」
「そうか。俺ももうダメかな、耳がなぁ、どうにもならない。
「当たり前でしょ、もう老い先短いんだから。」
「それもそうだなぁ。」
父は新聞を置き、ガタっと近くにある引き出しをだした。几帳面な父は、なんでも整理していないと気が済まない性質だ。
「ホレ、これ。」
「なにこれ。」
「お年玉。」
毎年、諭吉先生が三枚。両親の年金からの限度額だ。四十の娘にお年玉。両親にとっては、自分もまだ子供なのだ。その立場になったことがない明子には分からない心境である。
「毎度?。」
「明子ちゃん、チンできたわよ。」
「はいはい、あ、お父さん、ありがとうね。もうすぐ、ひでちゃんたちも来るよね。お母さん、私が運ぶから、こっち来なよ。」
「ありがとうね。」
私はこの二人を、看取るまで結婚はしない。世の女性の幸せが結婚ならば、自分の幸せは、最期までこの優しい両親の傍に居ることだ。それが自分の人生を犠牲にしているとは、微塵も思わない。
「明子ちゃんが毎日やってくれるから、助かるわ。」
至福の喜びだ。高齢者は冬に召されることが多いけれど、今年も、何もなく年を越せた。歳の割にしっかりしており、介護もたいして必要ない。
「あ、車の音だ。ひでちゃんだね。」
「明子ー!」
「あけまして、おめでとうございます。」
両親が、そう笑顔で言える限り、明子は何をかえても、この実家に居る気だ。それが、明子の幸せなのだから。


琴木さんのコメント
もう1つネタがあるので、それも投稿できたら嬉しいです。

琴木さんのコメント
スターありがとうございます!みなさんお疲れ様でした^^ できればでよいので、講評希望です。

1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ