人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

?電子が水素原子核から半径rの距離にあるときの位置エネルギーのEpを計算せよ。
ただし、電子が原子核から無限年の距離にあるときの位置エネルギーの大きさを0とする。

この問題の答えを教えてください。
全エネルギーEの式が E=Ep+Ekなので
Ep=Ek-E とかじゃあ、だめですよね・・・?

そしてもう一あります。
? ?の式とr=ε?n^2^2/πme^2より電子の全エネルギーEを整数nであらわせ。


全然わかっていないのですが、明日テストなので困っています・・・
解答をどうか教えてください。
よろしくお願いします。


●質問者: nax729
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● matryosika
ベストアンサー

たぶんこれでいいと思います。

クーロンの法則より、電荷Qからの距離rの位置から無限遠へ電荷qを移動させるのに必要な仕事は、

となります。原子核の電荷QはQ=+e、電子の電荷qはq=-eとなるので、計算すると
∫(∞→r)-e^2/(4πε_0R^2)dR
=0+e^2/(2πε_0r)
=e^2/(2πε_0r)
となりこれが電子のポテンシャルエネルギーとなります。

全エネルギーを求めるには運動エネルギーを求める必要があり、これには速さvが必要です。
一般的な(等速)回転運動のとき、向心力の大きさは、
mv^2/r
で与えられます。電子が原子核の周囲を公転する場合は向心力はクーロン力となるので、

v^2=-e^2/(4πε_0rm)
と変形できる。運動エネルギーは1/2mv^2で与えられるので、E_kは、
E_k=1/2mv^2
=-e^2/(8πε_0rm^2)
となります。この式のrに条件式を代入すれば運動エネルギーをnで表すことができます。
同様に、位置エネルギーにもrの条件式を代入し、運動エネルギーとの和をとると目的の全エネルギーをnの式で表現できます。


間違えてたらすみません。


nax729さんのコメント
本当にありがとうございました! じっくり読んで参考にさせていただきました!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ