人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

低圧電力契約がかえって割高になる?

よく「動力は安い」とか言いますが、月あたりの使用量が少なければ割高じゃないの?と思っています。単純計算ですが4kwの機械を月30時間動かしたとすると

低圧電力 ⇒ (4kw*30h*11円)+4000円(基本料4kw分) = 5320円
従量電灯 ⇒ (4kw*30h*17円)+1000円(基本料4kVA分) = 3040円

という感じになり、明らかに従量電灯が安いです。

そうすると、例えば工作機械の導入時に単相200V(電灯)と3相200V(低圧)の選択肢があった場合、使用量の少ないものなら、電灯契約で単相200Vを選ぶ方が賢い気がするのですが…

この考え方、正しいでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ