人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下のような倒産情報を説明してください
http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1224753_1588.html
資本金4900万円で従業員35人で負債30億円で再生開始・・・という状況になるまで、そもそも続けられたのはなぜでしょうか?

●質問者: madara
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● oil999
●17ポイント

負債総額と資本金や従業員数は比例しません。その会社の資産価値が問題です。

平成26年に約26億円かけて本館を増築したとあるので、土地を含めた換金資産価値はかなりの額だったと思われます。さらに、昭和天皇が宿泊したという歴史的事実が倒産を食い止めていたものと推測されます。


madaraさんのコメント
なるほど、資本金だけではないわけですね。ありがとうございます。

2 ● nnknnc
●17ポイント

赤字だから倒産するわけではないです。
お金があれば営業出来ます
赤字だと銀行がお金を貸してくれにくいだけで、貸してくれれば営業は続けられます


madaraさんのコメント
土地や建物(のれんも?)を担保にということでしょうか。 ありがとうございます。

oil999さんのコメント
**担保はやっぱり土地や建物が多いのでしょうか。 基本は土地・建物ですが、この旅館の場合は原泉を引いているようなので、その権利関係も資産価値となります。 また、回答にも書きましたが、昭和天皇をはじめとする著名人が投宿している点(のれん代に含まれる)も、資産価値とみなされるでしょう。

3 ● mododemonandato
●17ポイント

普通会社は支払いの時に、現金の代わりに手形というものを使います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E5%BD%A2

仕入れた品物の支払いとか色々な事に使います。
これで手持ちの現金の何倍もの取引が出来ます。
この手形で払った代金分の現金が、期日までに銀行に無いと、払えずに倒産という事になります。
払えなかった手形は不渡手形になります。

不渡手形は債務となります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%B8%A1%E3%82%8A

さらに倒産しそうな会社は、短期資金を集めるために、無理やり手形を発行し、割引で買ってもらって現金を作ったりします。
七割引とかそのような利率です。
それが重なって信用がなくなると、さらに大きな金額の手形を発行し、五割とか大きな割引で買ってもらったりします。
このようにして手形の金額はどんどん膨らみ、支払うべき現金も膨大なものになったりします。

ついに破産する時には不渡手形による債務が、資本の何倍にもなったりします。
全ての会社がそうするとは限りませんが、目先の現金の為に窮余の一策として手形を不正発行してしまうのはよくある事です。


4 ● SweetSmile1978
●17ポイント

財務内容の詳細がわからないのは誰もはっきりしたことはいえないと思います。
意見としては、oil999と同じです。

「資本金」は会社が持っているお金を意味しません。
いわゆる資本金は、大まかに言って会社に出資されたお金を意味します。
5000万円のお金を用意して会社を作って
5000万円を銀行から借りると会社には1億円のお金があることになります。
その後、会社が利益をだしても特別なことをしない限り
「資本金」は5000万円のままです。

この旅館の場合、創業が古いので、
まず資本金の 4900万円はそのまま評価できませんし、
これまで営業できていたことと 26億円もかけて
増築できたことからある程度の収益をあげていたことが想像できます。

負債総額30億円というのは出入りの業者への支払い分もありますが、
多くは銀行関係でしょう。
銀行はだいたい担保を取るので、
土地の価値が創業当時から(インフレで)上がって
より大きな金額を借りやすくなったとか
温泉を担保にしていたんでしょう。

ということで、「資本金」と「負債総額」だけをみて
語ることはできません。

銀行なんて資本金数兆円にたいして、
負債総額数十兆円ですよ?


5 ● ニコ
●16ポイント

バブルの時であれb、建物の価値は相当の額であったと思いますし、
銀行も過剰投資します。
担保よりもとにかく借りてくれというのが当時の銀行ですから、
査定なんていい加減なもんです。
それに最大15億円もの売り上げがあったなら借入額は膨らみますし、
債権の表面化を避けるために、銀行がつぶさせなかったというのが事実でしょうね。
あと、旅館ならではの日銭商売はやっぱり粘り強いですね。
立派すぎる温泉宿ですね。
http://www.entaiji.com/history/index.html


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ