人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

債権者代位権についての問題です。

AがBに対して500万円の賃金債権を有しているが、弁済期になってもBは支払うことができないでいる。そんな折、Bは唯一のめぼしい財産である壷(自家600万円)を、Cに騙されて50万円という安価で売ってしまった。
Bはあとで騙されたことに気づいたが、受け取った50万円をすでに消費してしまっている。
?Bが返還請求を躊躇している場合、?BがCと「CがBに対して200万円を支払う」という内容の和解契約が締結された場合のそれぞれにおいて、Aは自己の債権についていかなる回収方法をとり得るのか検討しなさい。

です。
分からなくて困っているため、分かる方はお教えいただけないでしょうか。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育 生活
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ