人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

漫画やアニメに登場する忍者キャラがよく使うござる口調について質問します。
昔から忍者キャラは、1人称拙者、2人称おぬし、相手の名前を呼ぶときは、?殿、語尾には、ござる(ござるよ、ござらん)など古風な口調をします。

逆にナルト、忍たま乱太郎などの作品の場合、忍者キャラが多い割には、ござる口調を一切しゃべりませんよね。それって、どうしてなんでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/78449/m0u/

室町時代から江戸時代までは広く用いられたが、否定形には室町時代には「ござない」が、江戸時代では「ござらぬ」が使われた。また、江戸時代に入ると「まする」「ます」を伴う形がしだいに一般化し、現代では特殊な場合を除いて「ございます」の形が普通になった。


匿名質問者さんのコメント
言葉の歴史の説明、ありがとうございます。

匿名回答1号さんのコメント
時代的背景や また そのマンガの設定などによって違うでしょうね。

匿名質問者さんのコメント
なるほど。

2 ● 匿名回答3号
ベストアンサー

わざわざその口調を使わなくても忍者だと分かるからじゃないですか?
服装・ストーリー等を見て忍者と分かればわざわざそういう口調にする必要性が無くなります。
あとは、キャラクターの個性を出すために、ナルトなら一人称が「拙者」よりも「俺」の方がしっくりくると思います。

逆に、その場に忍者が居る事が普通なら考えられない状況で忍者を出したいときは第三者が見たときに『あ、忍者だ』と認識できるようにそう言った口調を使うのではないでしょうか?



あとは、漫画家さん達の考える忍者によって変わるんだと思います。
人によって物事の考え方は違います。その違いから来る場合もあると思います。


匿名質問者さんのコメント
いい意見ありがとうございます。

3 ● 匿名回答4号

マンガやアニメなんだから細かい事は気にしちゃダメですよ。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ