人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

開戦は当時の財閥と国際金融資本などが関与した既定路線だったのですか
なぜ自らにも危害が及ぶかもしれないのに財閥はのりのりでしたか

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

視野が狭かったからです。


2 ● 匿名回答2号

開戦は政府が決定したものであり、財閥の意思が入る余地はほとんどありません。
当時の東條内閣の構成は官僚・軍人主体であとは衆議院議員・貴族院議員です。
中でも枢要な大臣は官僚・軍人で占められており、彼らが開戦を決定しました。

陰謀史観は推理小説としては面白いですが、事実ではありません。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ