人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私の弁護士になりたい動機は間違っているでしょうか?
私は、弱者を助けたい、自分の正義を実現したい、金と地位がほしいとは思っていません。
金と地位がほしいなら起業します。
弁護士は弱者だけを助ける仕事ではありません。
正義か不正義かを決めるのは弁護士ではなく国と裁判官です。

弁護士の仕事はクライアントの要求に対して法律を駆使して弁護をし、有利な方向に導くことです。
弁護士は弱者や正義など語ってはいけないのです。
それは世間やメディア、自分の凝り固まったどうしようもない先入観でしかないのです。
間違った善意は悪意より始末が悪いのです。
いくら世間一般で悪質と言われようと裁判で判決が下されるまではなにが正義か、善か悪かなんて決まらないのです。
ゆえに弁護士はどんな内容だろうが全力でクライアントを有利な方向に導かなければならないのです。
言ってみれば、正義なのか不正義なのか、クライアントを生かすも殺すも弁護士の腕次第と言えるのかもしれません。
私が弁護士になりたい動機はこのような仕事がしたいからです。
間違って解釈しているのかもしれませんので詳しい方に回答してもらえると幸いです

●質問者: airpaper
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 勇者よっしー

その考え方で行くと、ひょっとしたら、将来、ぶつかる事があるかも知れないですね。
今思いつくのは2つ。そしてこれはよくある題材です。ネットでも、ネットが発生する前からもよく論議されている事です。
クライアントの為っていうのが、あなたの目から見た「クライアントの為」なのか、それとも(あなたの目から見て明らかに間違っていようとも)クライアント自身が望む「クライアントの為」なのか。例えば、自分の罪を償いたいからなるべく重い罪にしてくれ、と懇願された場合。
あと(実際にあった事ですが)死刑求刑をされた極悪犯を、弁護士の尽力で回避したところ、出所したその日に殺人、なんてパターンについてはどう考えますか?
出所したら高確率で殺人を犯すような極悪犯を、貴方がベストを尽くしたから死刑にならずに出所させるという時(例えば無能な弁護士だったらまず間違いなく死刑になっていたのに、下手にベストを尽くしたから人が死んだというケース)、貴方はそれに対して明確な答えを持っていますか?


2 ● なぽりん

どんな漫画でもいいのですが、職業のでてくる漫画でよく考えてみてください。

最強の弁護士、あいつの前では法もまがる弁護士、といわれる弁護士がいたら、それ、良い役ですか?
悪役ですか? 普通に考えたら悪役扱いですよね。たぶんそういう弁護士を排除するために社会がバランスをとろうとして排除にうごきます。抜け穴を塞ぐため新規に立法されたり。

はさみは人も斬り殺せる日本刀であってはいけないのです。日々同じ髪の毛を切るハサミ、何万回人間の髪の毛を切っても鈍らないハサミ、実は髪質によって切り方を変えているのに仕上がりは全部同じようにみえてしまう、他人に苦労を見せないハサミ、そんな地味なハサミのほうが私はプロユースとして使いたいですね。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ