人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

司法書士の交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権について
・友人に貸した100万を返してもらうよう司法書士に頼んだ
・親の財産分割について司法書士に頼んだ
・架空請求で支払ってしまった100万を返してもらうよう司法書士に頼んだ
・離婚するよう司法書士に頼んだ

上記の場合、どれが司法書士が交渉と簡易裁判所の訴訟代理をすることが可能な件でしょうか?

●質問者: airpaper
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hanac3

http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/lawyershi.html
平成15年の法律改正より、司法書士に、140万円以下の事件についての交渉権、簡易裁判所の訴訟代理権が認められました。
請求権の額が140万円以下の場合には、裁判を、弁護士だけでなく、司法書士に依頼することも可能になりました。
司法書士は、貸金100万円の返還交渉、親の財産分割(取得額140万円まで)は扱うことができます。
離婚交渉は、扱えるか否か、不明です。家庭裁判所における調停は扱うことはできません。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ