人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

契丹文字を解読することはできないのでしょうか?
また西夏文字は何故解読することができたのでしょうか?

●質問者: もう終わり
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
ベストアンサー

まず、「西夏文字は何故解読することができたのか」についてですが、『西夏文字に親しむ』
http://www.teikokushoin.co.jp/journals/history_world/pdf/200710/history_world200710-14-16.pdf
によれば、

西夏文字の解読が進んだ理由は、西夏語と漢語のバイリンガル資料やチベット語・漢語(中国語)から翻訳された資料が豊富に存在したことにある。

という事です。

『孫子』『孝経』など中国の著名な古典や、漢語・チベット語の仏典が西夏語に翻訳されていたため、そうした訳本の存在も解読の大きな助けとなった。


一方、契丹文字の解読が進んでいない理由はこの逆で、

西夏の隣国遼・金でつくられた契丹文字と女真文字については、漢語とのバイリンガル資料や漢語からの翻訳資料が極めて少ない。そもそも翻訳事業そのものが遼・金ではあまり行われなかったらしい。

Wikipedia の「契丹文字」にも、

残された資料が遼朝の皇帝・皇族の陵墓である慶陵の墓碑銘(哀冊)などで資料として偏っている

契丹文字 - Wikipedia

とあります。
エジプトのヒエログリフで言えば、ロゼッタ・ストーンがあるかないかの違い、という所でしょうか。

謎の契丹文字 刻む石碑 日本・モンゴル合同隊が新発見 のような新しい資料がいくつも発見されれば解読につながるかもしれません。


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ