人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

インターネットの終わりはいつ?

最近はスマートフォンも増え、子どもから大人までネットをすることが多いです。
また、ネットを仕事もでき、物を調べるのにも、本を読むのにも使えます。

ほんの二十年ほど前なら、お金に余裕がないとパソコンなんて持ってないようなイメージでしたし、私自身ネットを知って使えるようになるまでは不必要だと考えていました。

インターネットは文化なのでしょうか。
ガラケーでメールや電話をして、連絡を取り合うぐらいでネットを使わないのが最近までだったので
スマートフォンでのインターネットは流行りに見えます。

ケータイ電話でのインターネットは終わると思いますか?
ご回答よろしくお願いします。

●質問者: ヒビキ
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● hissssa
ベストアンサー

もちろん、いつかは終わるでしょう。でもそれは、「より簡単で便利な情報交換手段が出来た場合」です。一度生まれた便利な情報交換手段が、より便利な手段に置き換わることなく消えた例は人類史上ありません(文明そのものが滅亡するような場合を除いて)。

ほんの二十年ほど前にはパソコンを持ってる人が珍しかったように、ほんの100年ほど前には電話を持ってる人が珍しかったわけです。スマホを使ったコミュニケーションの次に来るものが何かは分かりませんが、江戸時代の人にTwitterやFacebookが理解できないであろう事のように、いつかは今の我々の想像もつかないような技術が生まれる事でしょう。
例えば、マンガやSF小説などで空想されている、脳そのものをネットに繋ぐような技術でしょうか。リアルに攻殻機動隊な未来も、意外と早く来るかも知れませんね。


2 ● きゃづみぃ

ちょっと前は テレビなんてもやのはありませんでした。
モノクロテレビで出てきて、みんながその家に集まり 見てたようです。
それが やがては どの家にも テレビがあるような時代になって
やがてインターネットの出現で テレビの視聴率は がた落ちとなりました。

新しいものが出てくれば インターネットも廃れるかもしれません。

カードゲームが普及したようにアナログなものも見直される時がくるかもしれません。

それは なかなか難しい予測ですね。


3 ● あるぴにっくす

スマートフォンといったデバイスに限らず、インターネットというくくりで行くと、今の我々の思考ではちょっと想像つかないですね。
appleは次にios搭載の腕時計、iWatchを作っているそうですが、まずはそういったガジェットに頼らない、通信デバイスがとってかわると思います。脳みそに直結するデバイスですね。
既に先進国では研究が進んでいて、ときおりその手のニュースを目にします。

数十年経つころには、マトリックス顔負けの電脳世界が到来している可能性は否定できないですね。


4 ● 紅葉朱

終わりは来ません
もし10年後や20年後に今普及している携帯電話のインターネット以上の
システムが開発されたとしても古くからある物の様に残り続けるでしょう
又は改良されて新しくなるのかもしれない
よく漫画とかでスカウターみたいなの頭に装着して会話ができるみたいなの
ありますけど、アレが実際に開発され普及したとしても
今まで通りのインターネットを使う人もいるのです
まあ反対に白黒テレビの様な立ち位置になるかもしれませんがね


ヒビキさんのコメント
皆さんの意見を拝見して、「インターネットより便利なものが出ると終わる」のが定石だと思っていました。 なので、この「終わらない意見」には少し興味が湧きました。 スカウターはあまり便利だと私は思いません。視界を遮りますし、「電脳コイル」などをみて、「メガネでも不便かな」と思いました。 白黒テレビのような立ち位置とはどういうことでしょうか? スマートフォンは上位互換がでて、その立ち位置になるかもしれませんが インターネットは物ではないので想像がつきませんでした。 その所を詳しくお話していただきたいです。

紅葉朱さんのコメント
古くからあり、忘れ去られる物では無いが使われる事は無い という感じです

ヒビキさんのコメント
私はそれを「終わり」だと思うのですが…

紅葉朱さんのコメント
だから反対にと書いといたんすけど

ヒビキさんのコメント
どちらの意見を主張したいのでしょうか

紅葉朱さんのコメント
前者

ヒビキさんのコメント
私は意見を聞いているだけなので、否定はしませんよ。だから保守的にならず、ガンガン前者について教えていただきたかったです。 ちょっと、「白黒テレビの立ち位置」が引っかかったのでややこしくしてしまいました。 さて、本題に戻ります。 hissssaさんは 「一度生まれた便利な情報交換手段が、より便利な手段に置き換わることなく消えた例は人類史上ありません」 と仰り、私も納得しました。 きゃずみぃさんも 「新しいものが出てくれば インターネットも廃れるかもしれません。」と上位互換の存在で終わると教えてくださいました。 他の方を見ても、私は終わるとしか考えられません。 私は物ではなく、文化のように思えましたので、更新されるものだと見ていました。 なので、「インターネット」が終わらないという事に想像がつきません。 なので、そこを私に教えていただけませんか?

紅葉朱さんのコメント
言ってることが支離滅裂かもしれませんがスルーして下さい さて、インターネットはここ最近で随分と発展してきました しかしそれはあくまでも「インターネット」と言う骨組みを元にしたからです つまり20年前のインターネットも今のインターネットも ラインナップや使い勝手は大幅に変わっていたとしても 元々の形は変わっていない・・・というのは私の持論ですが 家で言えばリフォームを繰り返しているような物ですね これが貴方にとってインターネットの終わりだったらもうそれで終了なんですけど 形は違えどまだ続いている、と私は考えます その大前提を覆す物はなかなか誕生しないでしょう もし普及したとしてもこれまで積み上げてきた 言わば歴史ある建物、インターネットを壊すことは難しいでしょう まだ腑に落ちない所があると思いますのでまたお願いします

hissssaさんのコメント
少々横槍ですが・・・ 一度普及した技術があっさり崩れた事例として、「ポケベル」があります。 ポケベルは30年くらい前に普及し始め、一時はかなりの普及率に達しましたが、携帯電話とネットの台頭であっさり駆逐され、今の若い人はもう誰も知らないくらいになってしまいました。 「次に来る技術」が問題なく前技術の機能を内包してしまうようなものであった場合、意外とあっさり前技術は消滅してしまうものですよ。

ヒビキさんのコメント
なるほど、インターネットは改新され続けるから終わりはない。と言う事ですね。 二十年前などにも、インターネットは普及していましたが 当時は「必要」を感じませんでした。 しかし、現在生活に浸透していき「必要」となってきました。 hissssaさんが挙げてくださった「ポケベル」のように 「必要」から「不必要」なることが、インターネットでもあるのではないのか? 今あるSNSなどのサービスを「ポケベル」とは言わないと私は考えているので、インターネットは終わるのではないかと思っています。 今現在、このインターネットを覆すものは考えつきませんが、私は誕生すると思います。 ではなく、改新されていくインターネットは、今後どうなるとお考えなのでしょうか。

紅葉朱さんのコメント
それはもう、インターネットと言う名前のまま もっと便利な物になっていくのでは無いかと

ヒビキさんのコメント
度々のご回答ありがとうございます。 HTMLが5になったような形に進化していくのですね。 今のインターネットが、サーバーで動かすことがなくなる技術が出れば 少しインターネットの終わりに近づくのかもしれない。と考えておりましたが、各端末と深い関わりのあるインターネットは終わりそうになさそうですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ