人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中3ですがひょんなことから簿記3級を受けることになりました。
インターネットで難易度について調べてみると「簡単」という声が目立ちますが本当ですか?
仕訳はまあ問題無いと思うのですが試算表や精算表になると時間かかり過ぎてしまいます。更に合計合ってない時は正直萎えます(笑)
実際120分で解き終える自信がありません。どなたかコツを教えてください(;_;)


●質問者: salty_Y
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● うぃんど

おおよそ機械的な作業になりますので、
練習回数を増やせば増やすほど簡単になっていきます。

時間を要する原因がどこにあるのかによって強化すべき点は変わってきますが、
「仕訳はまあ問題無い」という言葉を信用すると、「仕訳」手順の練習不足か、
「計算」の練習不足といったところでしょうか…。

ネットのこちら側から言えることとしては、
時間を気にしながら過去問題を何度もやりこんだりして仕訳の練習を繰り返すことと、
電卓を見ずに正確に高速に入力する練習をすることくらいです。

電卓は00や000などのキーがついた大型の物が良いです。
ポケットに入るような小型電卓はボタンもゴムになっていたりして、
ボタンを見ずに高速入力を行うには適していないからです。

試験のためだけにプロ向けや簿記試験向けの電卓を用意する必要はありません。
千円くらいで売られている少し大きなものからチョイスしたほうがいいでしょう。
(お勧めの電卓を教えてなんて人もいたりしますが、自分の手指の長さ大きさで選択すれば良いです。)


salty_Yさんのコメント
なるほど、やっぱり『慣れ』なんですね。 確かに試算表作成では仕訳にかなり時間食います(笑。決算整理がある勘定科目を重点的に攻めてみます。 電卓は丁度良いのを見つけたので多分大丈夫です。00キーは無いんですが…
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ