人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プロトピック軟膏0.03%小児用について。

医師からは「塗るとヒリヒリしたり熱くなるかもしれない」という説明を受け、上記の薬を処方されました。
そして昨日の昼に初めて塗ってみたのですが、その時には聞いたような症状もなくごく普通に過ごしていました。
ところが夜になってお風呂で薬も洗い流したのですが、その時からずっと火照った感じが続いています。
(塗ったのは症状の酷い口周りと目の周り。)
洗い流した時に薬を塗った目の周りも火照った感じがしたのですが、朝には収まっていました。
しかし口周りに塗ったところがまだ火照っています。(約1日)

副作用に火照りがあるとは聞いていましたが、こんな長く火照るのが普通なんですか?
詳しい方、情報よろしくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

タクロリムス(軟膏)(おくすり110番)

成分(一般名):タクロリムス(軟膏)
製品例 :プロトピック軟膏0.1%、プロトピック軟膏0.03%小児用 ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 :他の外皮用剤/免疫抑制薬/アトピー性皮膚炎治療剤

概説 皮膚の赤みや腫れをおさえる塗り薬です。アトピー性皮膚炎の治療に用います。

作用 皮膚の免疫系の働きを低下させます。そうすることで、皮膚の炎症がしずまり、アトピーの皮膚症状が改善します。ただし、対症療法薬ですので、アトピーの原因そのものを治すことはできません。
実際の効果もよく、ステロイド外用薬と同等の効力があるといわれます(ステロイド3群に匹敵)。とくに顔や首など皮膚のうすい部分での効果がよく、顔の赤みや首の湿疹に向きます。

(略)

副作用 もっとも多いのは、塗りはじめの刺激症状です。灼熱感やほてり感、ヒリヒリ感、かゆみなどが60?70%の人にあらわれます。ただ、一時的ですので、少しがまんすれば、湿疹の改善とともに消失するものです。ひどいときは、早めに受診するようにしてください。

注意が必要なのは、皮膚感染症です。このお薬は、皮膚の免疫力を低下させます。これは主作用であると同時に、皮膚の抵抗力を落とすことでもあります。細菌やウイルスに感染しやすい状態になるということです。たとえば毛のう炎の発現率が約12%、カポジ水痘様発疹症の発現率が約4%という報告があります。とくに後者は重症化することもありますから、十分に注意してください。

また、長期使用における有用性や安全性が必ずしも確かめられているわけではありません。とくに、リンパ腫や皮膚がんの発現リスクを完全に否定することができません。ステロイド外用薬と同様に、医師の指示どおりに慎重に使用する必要があります。

・皮膚刺激感..灼熱感、ほてり感、ヒリヒリ感、しみる、かゆみなど。
・皮膚感染症(毛のう炎、伝染性膿痂疹、単純疱疹、カポジ水痘様発疹症、白癬など)..できもの、ブツブツ、水ぶくれ、発赤、かゆみ、発熱。
・ニキビ、皮膚の乾燥、かぶれ


ステロイド対症療法(九州大学医学部皮膚科学教室)

Q5: ステロイド外用薬には強いものと弱いものがあるとききましたが?

A5: 日本ではステロイド外用薬の強さを5段階に分けています(国や人によって若干の違いがあります)。1群が最も強く、5群が最も弱い段階に分類されています。強いものから順に、1群:最も強い(ストロンゲスト)、2群:非常に強い(ベリーストロング)、3群:強い(ストロング)、4群:中程度(ミディアム)、5群:弱い(ウィーク)、とランク付けされていることが多いようです。アトピー性皮膚炎の治療によく使われるのは2群から4群の外用薬で種類もたくさんあります。体の部位によって100倍以上の吸収率の差がありますし、それぞれのランクで随分効き目が違いますので適切な使い分けをすることが必要です。


プロトピック軟膏はステロイド外用薬の強さレベルで3群に属し、強い薬効が期待出来ます。その代わり薬による副作用の可能性もそれなりにあるという事です。
プロトピック軟膏0.03%小児用は大人用(1%)に比べると、副作用が小さいと思われますが、全く無いとは言い切れません。
上記の副作用が続く様であれば、軟膏の使用を中止した上で医師の診察を受ける事をお勧めします。


匿名質問者さんのコメント
詳しいご回答ありがとうございます。 結構な数副作用が起きるのですね。 先週末に医師と相談してとりあえず様子見ということになりました。

2 ● 匿名回答2号

私も全く同様の軟膏を使用しております。(アステラス製薬製)
私の場合それほど火照りは長引きませんでしたが、確かに入浴中や風呂上りに塗布部分が痒くなったり火照ったりするように感じられました。
恐らく熱を持っていると症状が激しくなるようですので、患部を冷やしてみることをお勧めします。


匿名質問者さんのコメント
ご回答ありがとうございます。 実際に使用しているということで、大変参考になりました。 先週よりは酷くありませんが、もしまたキツく火照るようなら冷やしてみます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ