人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

どうして人間は生きなくてはいけないんですか?

もちろん種の繁栄でもあるんでしょうけど。

何故そんな為に生きなくてはならないのですか?
私は色々他の人に害をなす事や迷惑をかけています。
それに、生きていく気力もありません。

どうしたらいいですか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:生活 人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号

人間の本能は「生きていたい」から生きているのであって、精神的な理由でマイナス分を表現されるのは分かりますが、本能は生き続けたいと願っています。
自殺者に「ためらいキズ」などあるのも、一気に死ぬことを本能が拒むからです。
だから、普通は、働いて稼ぎ、日々の糧を得る、我慢しながら、です。
稼ぐ分だけ使えるのですが、借金があったり評価が低かったりしたら気が滅入ってくるでしょう。
それでも生き続けるのが生物としての本能の部分です。
人間は意外と単純にできていると気付くべきです。


匿名質問者さんのコメント
「生きていたい」ですか・・・

2 ● 匿名回答3号

生きるというのは決して義務ではありません。
死を選ぶ自由もあります。

自ら死を選ぶ自由も人間には許されているけど
ほとんどの人は死を選びません。

生きていれば他人や他の生命に迷惑をかけます。
それは仕方のないことだし、貴方だけではありません。
みんなそうです。

その上で人間としてどうするかが問題です。

生きていく気力がないというのは、本当はあり得ません。
自然の中に存在する植物や木々、そして野生動物たちで、生きていく気力を失ったそれらをあなたは見たことがありますか?(寿命を迎えた場合は別ですよ)

生きていく気力があるからあなたは現に生きているのであって、生きていく気力がなければ、そもそもここには生まれていません。

生きていく気力がないとあなたが感じているのは、自然なありのままの自分ではないからです。
本当の自分ではないからです。

やりたいこととか、やって楽しいこととか、あなたの大好きなものとか
きっとそういうものがあなたにはあるはずですよ。

もしそうだったら、生きていたいですよね?


匿名質問者さんのコメント
生きていく気力が無いのは、人間だからこそあるのでは? 自分のやりたいことですか・・・

3 ● 匿名回答4号

いまいる人類や動植物なんてのは地球上にたまたま生き残ってるだけ。つまり、生き残る能力が会った連中がたまたま今地球上にあるだけだと思います。
あなたも僕もたまたま生き残っているだけです。たまたま、人間になってしまったんだとおもいますよ。


匿名質問者さんのコメント
そもそも、たまたまなんて言う言葉は、無いはずです。 でも、生き残ったですか・・・

4 ● 匿名回答5号

子孫の繁栄のために生きるとか、迷惑かけないように生きる、というのは極端な話、ある価値観が突出しているだけのことで、そういうことを無視して生きてる人はたくさんおりますから、そのような理由のために生きなければならないとおっしゃるのであれば、そういう価値観をひとまず脇にどけて考えてみることは必要かもしれません。

すなわち、質問者さんの言葉を見ていると、「生きる」という言葉は「生活」という意味なのだと想像したわけです。
生活していくことはつらいです。ここで挙げられてるような価値観を始め、世の中にはたくさんの考え方があり、それに縛られて、窒息してしまいそうなときがあり、私もそういう意味では「生きていく気力」を大幅に減じられております。

そういうことを聞いてるのではではないのかもしれませんが、もしそうだとしたら自分を無力にする「生きる理由」、たとえば迷惑かけないように生きなければならない、というようなこと、これをやめてしまったら、自分はどう行動するだろうか?という思考実験などしてみるのもいいかもしれません。
または、逆に理由が見つからないから生きていても仕方ない、というのであれば、ニヒリズムについて調べてみるとか。
あまり適当な例が思いつかなくてすいません。


匿名質問者さんのコメント
価値観が、出すぎていることですか。 1度やってみます・・。

5 ● 匿名回答6号

難しい質問ですね。
私もたまに考えますがはっきりとした答えは見つかりませんが、次のように考えることにしてます。

それは、”もっと生きたかったのに、生きれなかった人の分まで精一杯生きよう”です。

これは、私の中では、第二次世界大戦で日本を守るために命を失った我々日本人の先輩方を意味しています。欧米の植民地支配の残虐さを知っていた日本人は、二度と日本には戻ることができないと知っていながら、日本の国土、子孫を守るために東南アジアや中国、ロシアで戦いました。10代の若者まで多く出兵して命を失いました。もっと生きたかったはずです。

そんな先輩方の分まで精一杯生きようと思ってます。懸命に働いて、税金納めて、子孫を残して、小さなことだけれど、そうやって国に貢献して、戦死した方の分も頑張って、寿命を全うするつもりです。


匿名質問者さんのコメント
少し前の事の第二次世界大戦の先輩方の事を考えるのですか・・・
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ