人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大気中の二酸化炭素濃度について
標記に関しまして、いくつか疑問があります。
(地質年代はボーリングで計測しているものとして)
・海洋の上空での二酸化炭素濃度のデータは存在するのか?
・通常の大気中の二酸化炭素濃度は、どの高さで計測しているのか?
・どの程度の高々度にまで、二酸化炭素は達しているのか?
これらの(一つでも構いません)データが載っているサイトを教えてください。
(ご意見や感想はお控えくださると助かります)


●質問者: tom-kuri
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● oil999
●50ポイント

通常の大気中の二酸化炭素濃度は、どの高さで計測しているのか?

気象庁では、地上20メートルの高さの二酸化炭素の濃度を測定しています。
http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/cdrom/report/html/7_2_1.html


tom-kuriさんのコメント
早速の回答、ありがとうございます!

質問者から

>どの程度の高々度にまで、二酸化炭素は達しているのか?
NOAAが、ハワイのマウナ・ロア山で高度3400mまで観測していることは分かりました。
http://www.esrl.noaa.gov/gmd/ccgg/trends/


2 ● boost_beast
●50ポイント ベストアンサー

http://www.data.kishou.go.jp/shindan/a_2/co2_trend/co2_trend.html

こんな感じでしょうか?


tom-kuriさんのコメント
ありがとうございます! (大気測定の高度が分かりにくいのですが、探してみます) これにていったん終了いたします。 (やっぱり「はてな人力検索」最強だな?w

tom-kuriさんのコメント
※↑同じ気象庁だから、海上20mなのかな?
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ