人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ウォール・ストリート・ジャーナルの以下の記事の説明をお願いします。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324432404578331142049694634.html

結論として、統合失調症やうつ病など5つの精神障害は遺伝(親から子供へ)するということでしょうか?

●質問者: oil999
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ¢huukaze¢
●5ポイント

一部遺伝子と精神障害と関係があると書いてあります。
精神障害の患者の子供も同じような遺伝子を持っていれば精神障害になると思います

なので絶対親子で遺伝する訳ではないと思います


oil999さんのコメント
ご回答ありがとうございます。 子供の遺伝子は親の遺伝子が受け継がれますから、「精神障害の患者の子供も同じような遺伝子を持っていれば」と「絶対親子で遺伝する訳ではない」は矛盾するのではありませんか。

¢huukaze¢さんのコメント
100%なるわけではないということです

oil999さんのコメント
申し訳ありませんが、コメントの意味が分かりません。

2 ● ★champion★
●5ポイント

精神障害の患者の子供はうつ病などの5つの精神障害の遺伝子を持たない限り精神障害にはならないと思います。その逆で、子供がうつ病などの精神障害の遺伝子を持ってしまうと精神障害になってしまうと思いますよ。


oil999さんのコメント
ご回答ありがとうございます。 子供の遺伝子は親の遺伝子が受け継がれますから、「子供がうつ病などの精神障害の遺伝子を持ってしまう」と「絶対に精神障害の患者の子供に精神障害は遺伝する訳ではない」は矛盾するのではありませんか。

★champion★さんのコメント
矛盾していませんよ。

oil999さんのコメント
なぜ矛盾していないのでしょうか?

3 ● 楽1978
●180ポイント ベストアンサー

調べると多くの質問サイトで同じような質問があります。
結論から言うとかかりやすい体質ではあるけどだからと言って必ずしも子供が精神障害を起こすということはないということです。実際に病気になるかどうかは別ということです。
http://ftiwate.com/siru5.html

パニック障害という病気自体自体は遺伝しませんが、かかりやすい体質が遺伝する可能性はあります。

http://www.k4.dion.ne.jp/~care/seishinnbyou-inf.html

精神病は遺伝するからこわい、と考える人がいます。遺伝の影響は、昔考えられていたよりも、実際に少ないことが判ってきました。最近の医学では、「病気そのものが遺伝することはありえない、病気になりやすい素質が遺伝的な影響を受ける」と考えられています。

要は癌と同じで癌になる遺伝子を持っていても発病しない場合もあるということです。
あとよく誤解されているのが精神病は危険人物ではないということです。
http://ftiwate.com/siru5.html

精神病者はみんな危険人物なのかと感じたりします。しかし、精神病になる人は善良な、気の弱い人が多く、犯罪を犯す率は普通の人より少ないのです。確率的に言えば、危険な人は普通の人に多いと言えましょう。

興味がおありなら下記のような本を読んでみてはいかがでしょう?

精神疾患の行動遺伝学―何が遺伝するのか

精神疾患の行動遺伝学―何が遺伝するのか


oil999さんのコメント
ありがとうございます。 かかりやすい体質になると言うことなのですね。

4 ● ヒノ
●10ポイント

私は自閉症ですが、親せきに精神障害者はいません。
そこから考えると、それとは確実になってなく、遺伝子の変異が原因になっているかもしれません。


oil999さんのコメント
ご回答ありがとうございます。 しかし「確実になってなく」と「遺伝子の変異が原因になっているかも」の繋がりが理解できませんでした。 もう少し具体的に日本語で説明をお願いします。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ