人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ボトルガムのパッケージについて、包装などに詳しい人教えてください!LOTTE XYLITOLのパッケージの技術がすごいです。

よくガムをボトルで買って食べるのですが、溜まったてきた空のボトルを見て気になったことがあります。それはボトルのパッケージの素材の違いです。
以下の3種類です。

クロレッツ:紙素材でノリで貼られています。
リカルデント:シュリンクフィルム?(ペットボトルと同じような感じ)
キシリトール:アルミのような素材。

クロレッツとリカルデントは簡単に剥がす(破く)ことができるのですが、キシリトールが爪で剥がそうとしても、爪が引っかからず、全然剥がせません。しかし端をカッターなどで少し剥がすことに成功すると、あとは嘘のように簡単に剥がすことができます。しかも剥がした後はツルツルしていて、一度剥がれたフィルムは全くくっつきません。
私はこのキシリトールの技術に驚きました。
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、この技術の詳細(原理)を教えていただけないでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。


●質問者: senshimasai
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Gunny73

恐らくですが、熱収縮【シュリンク】のフィルムを使っていると思われます。
或る一定の温度になると収縮するフィルムです。
ボトルの太さより少し大きいのを被せ、何らかの方法でフィルムに熱を伝えると縮み、ボトルにピッタリとなるモノです。
http://www.kd-sp.jp/automatic/index.html
但し、一度収縮すると、それ以上は収縮されませんので、剥がしたフィルムに熱を与えても変化は無いと思います。


質問者から

ご回答ありがとうございます。アルミ製で円柱形にもなっておりませんので、シュリンクフィルムとは違うように思います。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ