人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【ラノベ】
あなたにとってのライトノベルとは……?

関連質問:
http://q.hatena.ne.jp/1362754680


1362882271
●拡大する

●質問者: グラ娘。
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

質問者から

ろくにライトノベルを読んでいないにも関わらず、最近ライトノベルを書き始めて、壁にぶちあたっております。そんなグラ娘。さんを救うべく、ラノベ読みの皆さんからのご意見を募集したく候。

・ラノベの定義(あなたにとって)
・ラノベの必須要素
・推奨キャラクター群
・お好きな世界観、ストーリ
・読書歴、うちラノベの割合とかを簡単に

などなどをお答えいただけたら幸いでございます。

自分自身にとってラノベとは何か、何故ラノベを読むのか?
など、自己を振り返る回答により、回答者様自身の中でもラノベに対する意識変化を促そうとかそんな大それたことは申しませんので、お気軽に回答ください。

おすすめラノベを紹介してくださるのでもあり。ただし、読まない可能性も多いので、アピールポイントなどを簡潔にまとめていただけると、超ありがたいです。


1 ● なぽりん
●60ポイント

先ほど引用されている質問にも答えてきました。ご参照くだされば幸いです。


ひとことでいうと、昔は「??の皮をかぶった青春モノ」でした。今はそうでもないですね。

・ラノベの定義(あなたにとって)

→まず、売る人(編集者・出版社)、書く人(小説家、挿絵イラストレータ)など制作側がラノベと称するものはまちがいなくラノベと呼んでも怒られないということはわかります(人によっては自分が書いているモノはまったくライトではないと怒る小説家もいますので、編集側も明らかにラノベラノベいわないところもあります)。
昔はジュブナイルなどと呼ばれていました。次に具体的特徴を挙げます。

・ラノベの必須要素
・推奨キャラクター群
・お好きな世界観、ストーリ
→まずはキャラとして中学生高校生大学生などの未婚男女(またはそれに準ずる精神年齢の人々)が主人公である確率が非常に高い。容姿の良い異性との恋愛もサブストーリーに入ってくるが、主人公はもともと容姿がそれほどよくはない、もしくは未成熟な容姿にコンプレックスを抱いていたなどという未成年読者になじみやすい設定の割合が高い(男ならほそっこい。女性なら胸がない)。普段はすごく恵まれた境遇というわけでもなく、そうそう、茶髪に染めていたりファッションに気を遣う人は大体脇役。
読者として中学生?大学生読者層(どっちかというと男子)を想定しており、それらに通用する魅力を備えている(学生生活かファンタジー設定、ゲームか巨大匿名掲示板の設定、推理小説風などとっかかりやすい状況。上記のような未成熟なりの恋愛。表紙と挿絵がアニメ風。最初から文庫版で発行されるため価格が安いが、内容が比較的短く区切られてしまうため、続編がすぐに出る。結果、シリーズ化することが非常に多い。読破しやすい)などの特徴を備える確率が高いということも言えます。
さらに、アニメとのコラボレーションがあるものもラノベっぽいです(アニメ原作またはゲーム脚本をノベライゼーションしたもの)。アニメからノベライゼーションしたものは、「絵になる」シーンをつなげていった構成であるという特徴があります。ゲームからのノベライゼーションはそれほどでもありませんが、いずれにせよ、R18やゲームのZ指定にひっかかってしまうと、購買層が狭くなってしまうし、アニメ化の道もたたれたり、ゴールデンでは放映できないものになるので、エログロ、暴力表現などはラノベでは極力回避されます(ちょっとジャンルがずれた表現手法がえらばれる)
未成年者のための物語の特徴として、エンディングまでに未成熟な精神が成熟へ向かうというものが多いです。

#ここ一連のラノベ質問を見ていて、さっそく対象者と話す機会をつくったのですが、中学生のヘビーラノベ読みにとっては、表紙がアニメ絵である文庫本はラノベという定義だったようです。

・読書歴、うちラノベの割合とかを簡単に
→活字中毒です。ラノベという言葉がなかったころから似たようなものを好んで読んでいたので、割合は自分ではわかりません。今の作品もSAOとか、fate/zeroとか、昨日読んだのは東のエデン(アニメノベライズ単行本。ラノベかなあ?)などアニメ化された有名なものしかおっかけられていませんが、内緒で30年来しつこくおいかけているラノベ作家さんが数人います。漫画方面でも同様にしつこい感じでつづいてるファンです。
成人して身辺がおちついてからアニメにはまりなおしており、そのからみでアニメのノベライズや、アニメの脚本家・監督の書いたモノ、講演会や対談(ファンイベントなどが多いですが)にはわりあい注目できています。純粋ラノベ読みさんが身近にいます。


※グラ娘。さんへのメッセージとしてですが、ラノベは本当に考え得る限りのネタをありったけつめこんで、何千冊も出版されているものです。いまからおいかけても小学生からラノベ読んでいたという人は多いため、大同小異のなかに埋もれがちです。ですが、絶望することはありません。あなたならではの詳しい分野をいっぱいつくっておいて、そこを上手く小説の筋にとりいれていきましょう。別にいまから自衛隊にはいって戦闘機運転してこいなんていいません。調べるだけでちゃんとものを書くことはできます。ただしラノベを読んでラノベをかくのは、コピーのコピーです。それではラノベ以下のものしかできません。しっかりした読書体験なり社会人体験を、高校生にもおもしろがれるようなお話に作り替える方針でいってはいかがでしょうか。あまりラノベにこだわることで流されて通り一遍の物語になってほしくはないですね。あなたの物語を語ってください。ラノベレーベルからの受賞狙いでも内容は重厚でけっこうです。

参考

ライトノベルとは何ですか? - 人力検索はてな
読書感想文で、ライトノベルを使っていいでしょうか? もしダメ.. - 人力検索はてな
ライトノベルと文学小説の違いって何ですか? 二つの違いを、以.. - 人力検索はてな
【アメリカ人作家の書いたライトノベル風小説】を探しています。.. - 人力検索はてな
ライトノベルの本を出版するのには、どうしたらいいのでしょうか.. - 人力検索はてな
ライトノベル


グラ娘。さんのコメント
なんか、非常にためになった。 萌要素必須とか、部活のしのぎあいとかそんなのが必須だと思ってた。 ちょっと前に『なれるSE』とかいうのを図書館で借りて読まずに返したのが悔やまれた。 『ラノベを読んでラノベをかくのは、コピーのコピー』←ここに感動! あとは共感できる部分も多く、目からうろこもいくつかあって、参考になった。 だけど迷いはまだ晴れない。もうひと押し。

グラ娘。さんのコメント
おれいいうの忘れてました。 とてもとてもありがとうございました。

たけじんさんのコメント
学校を舞台にするっていうのが多いのかな?と思ってますが、違います? (どうしても少年ドラマシリーズに繋げたがってる。)

グラ娘。さんのコメント
昔書いた記事ですが(http://d.hatena.ne.jp/grankoyama/20120807/ranobe_sho) 募集のうたい文句というかジャンルとして、ファンタジーとかSFとかホラーに並んで、学園ものとか学園ラブコメとか明記している新人賞が結構ある。1ジャンルとして確立されちゃってる感じがします。 さらに、なぽさんが書いたようにキャラが学生であることから、どうしても学園ファンタジーとかが多くなりがちなんでしょう。例外もあるでしょうけど。異世界系とか中世ファンタジーとか、未来系バトルSFとか。 角川スニーカーなんかは、一時、学園小説大賞とそれ専用の賞を催してたくらいですから、需要も高いんじゃないかというのが私のご意見です。

2 ● a-kuma3
●60ポイント

「ろくにライトノベルを読んでいない」という意味では、ひけを取らない a-kuma3 です。
ちょっと前に、「ラノベって、総じてつまらないけど、面白いラノベってある?」という質問をしようと思ってました(もっと、オブラートにくるんだ表現で)。「ところでラノベって何だ」って調べたり、他の方の「本を紹介してよ」という質問の回答で紹介されてたラノベを読んだりしてるうちに、うやむやになってます。

・ラノベの必須要素

リアルさを抜きにしたトンデモ設定が含まれていることと、挿絵があること。
この二つを満たせばラノベである、ってことじゃないけど、どちらが欠けてもちょっとさみしい。

・読書歴、うちラノベの割合とかを簡単に

ラノベは大雑把に六種類しか読んでない。

割合にすると ¥Large ¥frac{90}{1532}=5.87% という感じです(意外と読んでる)。

他のジャンルは雰囲気で言うと、ミステリ:SF:時代物 = 4:2:1 という感じで、純文学はたまに読む程度。

・推奨キャラクター群
・お好きな世界観、ストーリ

偏ったラノベ歴の範囲ですが、菊地秀行魔界都市新宿が、世界観として一番好き。
でも、これらはいわゆるラノベレーベルから出てるわけではないか。
いわゆるラノベレーベルの中だと、吸血鬼ハンターと言いたいところだけど、最近読んでる“文学少女”は結構お気に入り。

・ラノベの定義(あなたにとって)

関連質問でコメントにあった「ライトノベル誕生秘話」を興味深く読ませてもらったうえで、ジャンル全体としては「(ヘビーではない)軽い読みもの」だという印象はぬぐい切れていません。 最近読んだものでは、作家の姿勢や内容というより、編集者が軽いのか、と思ってしまうようなものも。
ただ、「ライトノベル誕生秘話」を読んで思ったのは、「ライトノベル」という分類は、そのときの分類の枠に収まらなかったものに付けられた(仮の)呼称で、それ自体にはっきりした枠が無い、ということ。「その他」に対して明確な定義をしようとするから、ライトノベルの定義があいまいだという話になるんじゃないか、という気がします。

SF は科学的考証がなされていなくてはいけない、時代小説は時代考証されていなくては、ミステリには謎と論理的な解決が無くてはいけない。そういった縛りからちょっとずつ外れてるものがライトノベルといわれる肩書をつけて世に出てくるんじゃないかな、というふうに思い始めています。
形式を満たしていないという理由でライトノベルの肩書が付けられているから、中身が軽いわけではないという文句があったり、形式を満たしていないことに対して軽さを感じる人がいたり。
関連質問に何となく違和感を感じてたのは、「ラノベとは」とか、「ラノベと言われるためには」というような形式を、ラノベに持ち込んできたことだったのかな、とひとりで納得している自分がここにいます。


# 「売り方」という意味でも、他のジャンルとは違うかな、とも思いますが。


なぽりんさんのコメント
菊池さんの新宿系はエログロという点で現在の若年層向き、いわゆるラノベ、ではないです。(自然と回避される)私の世代にはそれはもう、ですが。銀河英雄伝説なんかといっしょにおおもりあがりしたものでした。もうすこし「ライト」な感じがしますです。 で、菊池さんレベルのダーク系をよみたい気分ならFate/Zeroはおすすめ★

a-kuma3さんのコメント
>> 菊池さんの新宿系はエログロという点で現在の若年層向き、いわゆるラノベ、ではないです。 << やっぱり、そうなのか。難しいなあ。 秋せつらとかは、エログロは薄いと思うけど、菊池だとラノベに分類されるのは吸血鬼ハンターとかトレジャーハンターなのかな(ソノラマだし)。トレジャーハンターは、ぼくの中ではジュブナイルなんですけど。

グラ娘。さんのコメント
「ラノベって、総じてつまらないけど、面白いラノベってある?」は今からでも是非質問してほしい。多分読まないのが多いので、おすすめ要素を詰め込んだ回答募集してほしい。 「リアルさを抜きにしたトンデモ設定」そういう意見もあるんだなぁ。 むりくりなSFとかファンタジーとか、魔法ものとかそんな感じで納得。 後半は、きちんとした(あえてそういう表現)SFとか練り込まれたファンタジーとか時代ものとかを読んでいたらそう思えても仕方ないのかもしらんですね。 ただ、わたしも、そこの労力をキャラクター描写とかモエとかにつぎ込んでいる、あるいはなんにも考えていない、という疑念がぬぐいきれないのでラノベを軽いものとして見がちですが、そこが逆にメリットかもと思い始めたり思い始めなかったり。 文学少女はオカルト風味のミステリですね。でも肝心のミステリ部分が軽い。 う?ん難しいな。 わたしの迷いをより深めてしまう回答でございました。 でもでも、ありがとう。a-kuma3(さん)。 共感できたのも収穫。

たけじんさんのコメント
夢枕獏ってヘヴィ・ノヴェルって感じが。ストーリーの安易さは、軽いかもしれない。

a-kuma3さんのコメント
きちんとしたSFの枠に入っているものだって、科学的考証が甘いとか、センスオブワンダーが感じられないとかで、SFとは認めんとか言われているものはいっぱいある。 この数年は、「『このミステリがすごい』大賞」を結構ねらって読んでるけど、どこがミステリやねん、というのもいっぱいある(というか、そっちの方が多い?)。そんなこと気にしてたら、京極夏彦も森博嗣も読めん。 “文学少女”もミステリだと思って読んでなかった。 後、二冊で本編を読み終わるので、次の候補を仕入れておくのも悪くない、とか思ったり。

3 ● kurupira
●0ポイント

内容は10?20代が読む恋愛物であまり重い感じがしない本です。
表紙が漫画で描かれたものが多く、始め漫画と勘違いしたことがあります。


グラ娘。さんのコメント
補足にも触れて回答してほしかったです。

4 ● GM91
●60ポイント

・ラノベの定義(あなたにとって)
まあ書いてる人がラノベと言えばそうなのかも。
あくまで客観的に判断するのであれば、従来ジュブナイルと呼ばれてたジャンルと近いのかも。
ただ、カテゴライズについてはあーくまさんと近い考え方で、要は分類したい人にとっての「便利なキーワード」なのかな、と。
ジュブナイルとラノベが違うのは、対象とする読者層かもしれない。
もちろんジュブナイルとか児童文学と銘打たれた作品を夢中になって読む大人が居ても構わないけれど、いわゆるラノベというのは必ずしも若年層だけをターゲットにしているわけでは無い様な気もする。
まあ、僕個人は、「ジャンル分けって売る人とか批評する人に取っては便利かもしれないけど、一介の読み手からすればあまり重要ではないのかな」と思ってる人なのであくまで参考として聞いてくさだればと思います。

・ラノベの必須要素
特にない、と思う。強いて言えば「読みやすさ」か。

・推奨キャラクター群
保留。

・お好きな世界観、ストーリ
世界観…うーんラノベで読みたいとすれば、
1)機械と魔法の融合した世界。ゲームで言えばFF4とかFF6とか魍魎戦記MADARAみたいな感じ。
どっちかといえば機械よりの方が好きだけど、バイストン=ウェル的世界観はイケる。
2)空飛ぶ軍艦が活躍する世界
舞台は宇宙でも水中でもいいけど、主役はヒコーキやロボじゃなくてフネ。
やたら頑丈なフネが敵の攻撃を耐え忍びつつ主砲で反撃だ!的に活躍できる世界。
アウトレンジ攻撃は不可。艦隊戦はOK。岩肌とか氷塊を削るとなお良し。

ストーリー…難しいなあ、思いついた例を挙げると
1)落ちこぼれ集団一念発起の巻
アニメで言えば王立とか機動警察とかみたいなやつ。
特に、一旦解散して再集結みたいなんが燃える。好例は機動戦艦とかですか。

2)偏った能力者
王道ですが、某ダンピールの人とか、某ビリビリ中学生とか
バランスの悪い人って素敵です。

3)運に翻弄されるがシブトイ人
皇國の守護者の新城さんとか。


・読書歴、うちラノベの割合とかを簡単に
数は少なくて偏ってますので割合は難しいけど
中学くらいの頃は富士見F文庫にハマってたクチですね。特にタイラーは好きだったなあ。
最近読んで見たいと思ってるのは、鬼切り夜鳥子かなあ。表紙絵が凶悪過ぎて手が出ないけど…。


グラ娘。さんのコメント
お好みの路線が、具体的であったため、GM91サン向けになんか書こうかと思えたぐらいです。 ほとんど知らない作品だったのが、ちと難ありですが、そこは想像を膨らまして。 ちゃんとした(って言い方はほかのラノベや作品に失礼ですが)アニメのノベライズ的なものって確かに一定層の支持は受けそう。 ある意味迷いはふっきれかけましたが、それでいいのか? と自問自答も繰り返してしまいそうな回答でした。 ありがとうございました。

たけじんさんのコメント
時代物ってのは、ラノベには少ないんですか?

GM91さんのコメント
のぼうの城とかは僕的にはラノベ。

GM91さんのコメント
爆撃聖徳太子はラノベなのか悩ましい。

1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ