人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

子供が、ネット販売したらどうなるんですか?

●質問者: 烏海葱
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● seble

別にどうにも・・・
未成年者でも一定の商取引ができます。


2 ● miharaseihyou

別に違法ではありません。
商売に年齢は関係ありません。
ただし、責任が付いてきます。

昔、バブルの頃に、株取引で巨万の富を得た少年が話題になったことがあります。
以降、どうなったかメディアで取り上げることはないので、たぶん沈んだんでしょう。

商売は基本的に個人と個人の相対取引です。
複雑な取引は、間に何人もの個人が色々な形で絡んでいるだけです。
だから、まっとうな商品を相場で販売するなら問題ありません。
安物や傷物を高く売ろうとか、あまりほめられない手段で儲けようとした場合は問題が生じると思って欲しい。

それでなくてもネット販売は商品の品質管理が難しい。
基本は通信販売になるので、相手の手元に正常な状態で届ける必要がある。
配達員の粗相で破損した場合は代替品の発送が必要です。
運送会社との賠償交渉も必要になる。

当然ですが、個人名義の口座は絶対に必要ですし、会社設立するなら保証人も必要になる。
その他、様々な手続きと経費も掛かる。
利益が出れば税金の支払いも必要になる。
これらの様々なハードルを乗り越えて起業されるのなら年齢など関係ありません。
学校通いと業務の両方にキチンと対応すれば可能です。


烏海葱さんのコメント
考えているのはハンドメイドの個人販売です。 私が作ったものをぜひ購入したいとのお言葉を頂いたので、 調子に乗って考えてしまったものです(笑) ネットでいろいろ検索し、勉強しているのですが、 どうも未成年についての記事や質問があまりなかったもので。 にしても、たくさんの情報、誠にありがとうございます。 本当は、ptもつけたいところですが・・・(ーー;)

miharaseihyouさんのコメント
個人商店として営業するとしても、収入が一定額を超えれば課税対象になります。 所得があるのに納税していないことが発覚すれば脱税したとして告発されるおそれがある。 必要経費を勘定科目に仕分けして記帳して、自分で課税対象額を算出して毎年提出する必要がある。 あるいは税理士に手数料(1万円以上は掛かると思って欲しい)を支払って会計処理してもらう。 税理士にやってもらうにしても、元になる帳簿は自分で作成する必要がある。 毎日のお金の出入りを仕分けして記帳するのです。 商業簿記の三級くらいは必要になります。

3 ● きゃづみぃ

子どもって何歳ですか?
20歳以上なら いいんじゃないでしょうか?

未成年の場合、いろいろ制限があってそう簡単に販売することなんて できませんよ。


烏海葱さんのコメント
14です

4 ● なぽりん

お金の受け取り方法などに問題があるので、普通のネット販売サイト(ヤフオクなど)では18歳以下の登録を規約で禁じています。はてななどは18歳以下でも登録できますが売買の募集行為を規約で禁止しています。
たとえば現金でなければよかろうと、QUOカードや手作り品の材料になるものなどと物物交換しようとしても、お礼の品を受け取るためのあなたの住所なり、それを内緒でやりとりするためのメールアドレスなりを一度は大々的に見知らぬ人に公開することになります。住所だとネットにはその情報が残ってしまうので、個人情報保護法違反でアカウント削除されるかも。メアドにはいたずらメール・スパムメールが殺到したりします。
いわずもがなですが、
自作の絵とあっちの自作の絵なり小説なり、データでやりとりできるものの物物交換ならまだよかったのです。
ネットではなく手作りグッズを売買できる地元や学校のフリーマーケット・バザー的なイベントに自ら出向いて売る手もあります。ただしこれも二次創作の物品は商標法など問題ありです。
公平な売買はわずらわしい。いろいろなことを18歳になってから、規約や説明をよくよみながらやってみてください。経験をつんで煩わしさを乗り越え公平にものごとをすすめられるようになったらオトナってことです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ