人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

縦型電界トランジスタについて教えてください。

縦型電界トランジスタが実際に使われている写真と解説が欲しいです。
基板に取り付けたものとか、電子機器に接続したもの、特にソース接地
のものも欲しいです。宜しくお願いします。

参考
縦型電界コンデンサの説明
http://toragi.cqpub.co.jp/Portals/0/backnumber/2004/08/p139-140.pdf

●質問者: mizore_chan
●カテゴリ:学習・教育 家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●100ポイント

縦型電界効果トランジスタとその製造方法及び電子機器

うーん、各種トランジスタは今、基板に直接エッチングで(目に見えないサイズで)彫りつけ、ドーピングやスパッタリングをくりかえしてつくってるとおもうので、コンデンサのように基板に「とりつける」電気機器と「接続する」ということはないとおもいます。
チップの中に入ってるんですよ。写真も(創ってる途中の)顕微鏡写真であり、肉眼では無理だとおもいます。


2 ● ヨネちゃん
●100ポイント

縦型や横型などの違いについて、パッケージされた状態では外見上変わりありません。
http://f.hatena.ne.jp/web123/20080718125136
写真はEFTトランジスタではありませんが、中にはこんな感じでチップが入っています。
パワートランジスタはチップを壊さずに露出し、撮影するのは難しいです。

ソース接地についても回路上の話であって、基板への取り付けについては違いがありません。
また、放熱部分を接地したいという場合、電極は通常ドレインになっています。

質問の意図がもっと詳しく分かれば、的を得た回答を得られるかもしれません。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ