人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

平均500mbyteのデジタルカタログをストリーミングで配信を検討しています。100mbps帯域保証、1TBのHDDを用意した場合、同時アクセスの負荷はどのように計算すれば良いでしょうか?宜しくお願いします。

例えば、理論上5分間あたり何回までアクセスできるとか?最大何誌まで可能だとか?想定で構いませんので、考え方や計算方法を教えてください。

●質問者: fumina2116
●カテゴリ:家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● うぃんど
ベストアンサー

(1)単位を揃える

回線:100Mbps(メガビット/秒)の転送量は10MBps(メガバイト/秒)
カタログ:1冊5分で視聴が終わると仮定すれば500MB÷300秒=1.666MBps

(2)HDD転送速度を検討する

内蔵HDDは、最近のパソコンなら問題なし
SATA:150MBps-600MBps
SATA2:300MBps
SATA3:600MBps

外付けも規格上はおおよそは問題なしですが、
製品によるので計測ソフトなどで実測は必要。
USB2.0: 60MBps
USB3.0:625MBps

(3)同時利用可能数を計算する
回線÷カタログの単純計算で10÷1.666=6冊が同時利用の限界
1冊10分だと500MB÷600秒=0.833MB/秒だから10÷0.833=12冊は同時利用可能
1冊15分だと500MB÷900秒=0.555MB/秒だから10÷0.833=18冊は同時利用可能

(閑話休題)単位の話
小文字bはビットで大文字Bはバイト。
k=1,000倍、mは1,000,000倍とK=1024倍、M=1,048,576倍。


fumina2116さんのコメント
ご回答ありがとうございました。 1バイト=8ビットとすると、100Mbps=12.5MBbpsになるので、5分=1冊であれば、7.5冊まで同時アクセスが可能ということでしょうか?1人が1誌あたり5分利用しているとすると、7.5名まで可能と考えてよいものでしょうか? また、一人に対して4秒あれば、500MBのカタログが配信できるという考え方であってますか? 1分間あたりに15誌が、理論上配信できる環境ということであっていますか? ご確認よろしくお願いします。

うぃんどさんのコメント
>100Mbps=12.5MBbpsになる データ送信には開始と終了を示すビットが加わるため8bitを送るのに10bitを消費します。 そのため100÷10で10MBpsという計算になっています。 詳しい話をすれば10MBpsでもまだデータ本体だけの計算で、 ファイル転送手続きに要する分がさらに別途発生します。 しかしながら、転送手順の説明まで行うと長くなるだけでなく、 主題から離れてしまうので10bitで話を進めます。 さて、 質問ではストリーミングや配信と書いておられましたが、 カタログファイルのダウンロード案件のように見受けられるので、 回答(3)を下記に入れ替えさせてもらいます。 (3)ダウンロードに必要な時間を計算する 10MBpsなので500MB÷10MBps=50秒が最短となります。 5人が同時に利用すれば10MBps÷5人=2MBps/人となり500MB÷2MBps=250秒 10人が同時に利用すれば10MBps÷10人=1MBps/人となり500MB÷1MBps=500秒 どれだけの人気サイトになるかにもよりますが、 1冊500MBではなく100MBx5冊や50MBx10冊程度に分冊したほうが良いかも知れません。

fumina2116さんのコメント
私の質問がごちゃごちゃしているせいで、お手数おかけしています。 10ビットの件は考え方分かりました。 ダウンロードの場合も分かりました。 現在、ストリーミングもしくはプログレッシブダウンロードの配信を検討しております。 最初のご回答に戻って改めて考えると、 ストリーミング配信なので、一人があるA誌を5分間閲覧していると、 そのA誌をあと5人分(5回)しか同時に閲覧ができない状態ということでしょうか? 他誌であれば、閲覧できるということですか? ちょっとでも時間ずらせば見れるということでしょうか? MAXのクライアント数の設定によるかもしれませんが、 この辺が分かっていないのかと--- 特に、瞬間トラフィックとの関係が理解できていないのかと思います。 ストリーミング配信で、 ストレスなく配信するにはどうすれば良いか迷っていて困っています。 重ね重ねすみません。 アドバイス宜しくお願いします。

うぃんどさんのコメント
>一人があるA誌を5分間閲覧していると、 >そのA誌をあと5人分(5回)しか同時に閲覧ができない状態ということでしょうか? 1誌を閲覧するのに5分を要するものだとすれば、 その一人が使う分は1.666MBpsとなり合計6人。 すなわち残り5人までとするのが快適な利用の限界となります。 後述しますが、合計6人を超えると「閲覧できない」ではなく、 「閲覧が困難になる」と記憶しておいてください。 >他誌であれば、閲覧できるということですか? 全誌の合計が最大10MBpsになります。 >時間ずらせば見れるということでしょうか? サーバーは接続受け入れ限界まで受け入れますので、 「合計6人」のところに10人、20人…とアクセスしてくるとコマ送りになったり、 タイムアウトしてしまったり、接続できなくなったりします。 同時接続人数はサーバーの設定によりますが仮に同時アクセス100人までとしますと、 100人が閲覧すれば一人あたり1MBpsしか使えないということになりますので、 配信はコマ送りになってしまうかもしれませんし、まともに見れないかもしれません。 101人目からは繋がらないので時間をずらして再度やりなおしになります。 >ストリーミング配信で、ストレスなく配信するにはどうすれば良いか 道幅を広げるか、荷物を減らすか、両方行うかです。 10MBpsを20MBpsに出来るなら対応力は倍ですし、 500MBを250MBに出来るならこれも倍です。両方やれば4倍…。 分冊という提案は一時に流れるデータ量を減らすことによる混雑緩和策の1つです。 カタログの写真点数を減らす、画質を少し落とすなどの工夫も必要になるかもですが、 誌の品質として、どこまでを許容範囲とするか難しいところなので、 運営責任者、編纂責任者と相談してください。

fumina2116さんのコメント
大変分かりやすくご回答ありがとうございました。 だいぶすっきりしました!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ