人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

どなたか解読して下さい・・・

流麗な字に感動して、捨身を撮られていたっだきました。
誰が書いたモノで、何とかいてあるか、分かれば教えて下さい。

1365056624
●拡大する

●質問者: den-no-ji
●カテゴリ:グルメ・料理 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● みずち
●42ポイント

書や漢詩について専門的に学んでいるものではありませんが、私には以下のように読み取れました。怪しい字は打ち消し線を引いてあります。

嬾艸含
煙緑橋畔
花焰水紅觸
人知
意依前分付
東風

高泉草

無理に書き下せば、以下のようになるでしょうか。
池頂 嬾艸は含む
煙緑 橋畔 新たなり
花焰 水紅は觸れ
苦を目にして 人 生を知る
意 前に依り分付し
東風に與す
黄原高泉草

…すみません、全然意味が通りませんでした。詩の形態を取っているのでしょうが、いつの時代のどのような詩かもわかりません。検索しても出てきませんから、創作詩なのかもしれません。
左の印象が作者の名前のヒントなのでしょうが、読めませんね…
さらに詳しい方の回答を待ちます。


2 ● なぽりん
●42ポイント

池頻(顖熲)嫩艸含
池はしきりに?なよなよした草を含み
煙緑(様)橋畔新
けむる緑が橋のあぜに新たなり
花焅水紅觸
花の?が水を紅に触れる
目姜人知?
目には知っている女の人が?
意依前分付典東風
(ここは風景の感想や本音を書くところなので誤訳が怖くてなにもいえませんが、以前みたいに春の風がってるのを分けて上げたいと思うとか…?)
黄廩?泉草
黄色の??高い泉の草


緑、紅、黄色と揃った春の風景がいいねーみたいな話だとは思うのですが「なるほどわからん」です。


3 ● gtore
●51ポイント ベストアンサー

これは5字ずつで意味がまとまっている詩ではなく、文章になっていると(漢文として)捉えると意味が通ります。

1?2行目の「池頭嫩艸含煙緑」は、
「池のほとりでは、若くやわらかい草が、霞(かすみ)がたちこめる中で、緑色に映えている」といった意味だと思います。ここでは、草の色や様子について述べられています。
「池頭」は池のほとりの意です。
「嫩艸」は若くやわらかい の意です。
「煙」は霞(かすみ)や靄(もや)のことです。
「含」は、たちこめるの意です。

2?3行目の「橋畔新花焰水紅」は、
「橋のそばでは、新しく若々しい花が水紅(とき)色をして焔(ほのお)のように咲き誇っている」という感じかと思います。ここでは、花の色や様子について述べられています。
「新花(しんか)」は今新たに咲き誇っている若々しい花の意です。
「橋畔(きょうはん)」は橋のほとり、橋のそばのことですね。
「水紅(とき)」は、水紅色(ときいろ、=朱鷺色、時色、鴇色)のことでしょう。うすいピンク色です。

3?6行目は「觸目善人知生意依前分付與東風」で、
「このような目に触れるものすべてのものが昔から、生き生きと成長する力を春の風から分け与えられていることを善人は知っている」という感じでしょうか。
「觸目」は目に触れるもの、の意。
「生意」は万物が萌え成長する春のころの生き生きとしたものあるいは万物が成長する力の意。
「依前」は昔ながらに、の意。
「分付」は分け与える、の意。
「東風(こち)」は春の風の意です。

文芸作品の解釈は人それぞれですので、ご参考まで。


den-no-jiさんのコメント
ありがとうございますm(_ _)m
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ