人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

太陽と反対側から来る放射状光線?

先ほど (17:30頃 )夕方の散歩で見かけた気象現象です。写真は東の方角を向いて撮っています。太陽は後方(西側)の雲に隠れている状態でした。薄明光線ならば太陽の方角にみえるとの事なので、これは正反対の方角から光が放射しているように見えます。約10分程度で太陽の光が弱まると消えてしまいました。こういう現象は何と呼ぶのでしょうか?ご存知の方、ご教示下さいませ。

1365326087
●拡大する

●質問者: toh4ro
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● fiwa
ベストアンサー

反薄明光線、いわゆる「裏御光」というものではないでしょうか。

太陽と正反対の方向に光線の柱(光芒)が放射状に収束して見える現象。

Wikipedia:反薄明光線


toh4roさんのコメント
早々とご回答 有難うございました!詳しく調べたいと思います。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ