人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

WEBアプリの内部文字コードまわりの状況を教えてください。内部文字コードをUTF-8にしないことのデメリット、またUTF-8にする場合の注意点などを教えてください。

今開発しているWEBアプリの内部コードをUTF-8にした方がいいのか迷っていますが、これまでEUC-JPで作っていましたが、どこかでこれまで通りの文字コードで作る方が無難なのではないか、という気持ちが強く、踏み切れないでいます。

UTF-8にしないことのデメリット、またUTF-8にする上での注意点などを教えてください。
たとえば、UTF-8にしたときにデータベースに入れない文字など制限を掛けたりするものでしょうか?

●質問者: timestep
●カテゴリ:ウェブ制作
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● asatoryu
●68ポイント ベストアンサー

●UTF-8にしないことのデメリット
・JIS X 0213(JIS第3水準・第4水準)を扱うことができません。
・(将来的に)多言語対応にするのが困難です。
・XMLなどでデータの入出力をするのはUTF-8が標準になりつつあるので、内部コードに置換するためのオーバーヘッドや、コード変換不可文字(および変換ミス)が発生します。

●UTF-8にする上での注意点
・Linuxだと、古い外部コマンドはEUCにしか対応していないことがあるので注意が必要です。
・DBの設定をUTF-8にする必要があります。
・DBに入れる文字種の制限は、UTF-8に限らず、EUC-JPでも不正文字は入れられないようにチェックすべきです。
・UTF-8は不定長バイト列になります。DB設計などデータ長が関わってくる設計で注意して下さい。


timestepさんのコメント
回答ありがとうございます。とても参考になります。 JIS X 0213はEUC-JPwinでも扱えると思っていましたが、いかがでしょうか。 それと「不正文字は入れられないようにチェックすべきです。」とのことですが、不正文字とは具体的にはどのような文字のことなのでしょうか。

2 ● Sampo
●66ポイント

UTF-8にした場合の注意点を2つ。


3 ● ラフティング
●66ポイント

Webで利用される文字コード、UTF-8がもうすぐ50%を突破 (2010年)

デメリット:

http://slashdot.jp/comments.pl?sid=483450&cid=1711360

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ