人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

貸し店舗を賃借人が入居している状態でオーナーチェンジと言う形で家主の地位を故人から引き継ぎました。
その貸し店舗はずっと前から雨漏りしております。
突然、賃借人から『雨漏りで使えない部分があるので前オーナーに承諾をもらい倉庫を借りている。その倉庫代を前オーナーに負担してもらう約束になっていたが、その約束も当然ながら引き継いでるよね?』と質問されました。

これは負担すべきものでしょうか?
前オーナーが約束したことなので当方には関係ない話だと思うのですが…。

よろしくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

義務も相続の対象です。

その約束をしたという話が本当ならですけどね。
約束が本当なら、契約書という形になっていなくても何かしらの形跡があるはずです。振り込み記録や領収証など。


匿名質問者さんのコメント
匿名回答1号様、ありがとうございます。 賃借人に本当かどうか証明して頂く訳ですね。 振込記録や領収書は倉庫代(賃借人⇔倉庫会社)のですよね?

匿名回答1号さんのコメント
そういうことです。 でも、相手の方に「疑いをかける」前に、まず故人が倉庫代を何らかの形で支払っていなかったかチェックするのが先でしょう。支払っていた形跡があるのなら約束があったというのは真実に違いありません。 で、大事なことですが、事実関係がはっきりするまでは一銭たりとも支払ってはいけません。一部でも支払った時点で義務の存在をあなたが認めたことになってしまいますので。

匿名質問者さんのコメント
匿名回答1号様、ありがとうございます。 故人から賃借人への支払いは無いと思われます。 と言うのは『倉庫代の精算は雨漏りが直ってから』と言うことらしいですので。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ