人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本人と欧米人の足の形の違いについて

日本人と欧米人の足の形の違いについて調べています。
日本人は欧米人と比べて足の横幅が広いということは知っているのですが、
それ以外で具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

また足の形が違うことで「疲れやすい」「前に重心が掛かりやすい」などの不具合などはあるのでしょうか?

●質問者: 地球儀
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● jpops
●34ポイント

日本人の大多数は偏平足です。

http://okwave.jp/qa/q5118603.html

まず、偏平足とはいったいどのような状態を言うのでしょうか? 簡単に言えば、 土踏まずがない人のことですが、 日本人は全体的に土踏まずが低く偏平足気味の人が 多いといわれています。

http://www.randd.co.jp/fcinfo/03fcinfo.html


2 ● miharaseihyou
●33ポイント

遺伝的形質による足の形の違いは民族の辿ってきた歴史の違いに依ります。
欧米人の代表格はアングロサクソンでしょうけど、元は騎馬民族です。
従って、農耕には向かない体形で、足が長く重心が高い。
細く長い骨格だから足の幅も細く長い。

日本人だけでなく、東洋の各民族には農耕民族が多い。
田畑を耕し穴を掘り草を抜き地面にしゃがんで仕事するためには腰高だと都合が悪い。
短い足で身体をかがめた重量を支えるために太い骨格です。
だから足先も太くなる。
太くて短い足の方が生存に適していたので特質が強化され続けたのではないかと考えられています。
足の幅は機能からの結果なので、骨格全体を考えるべきでしょう。

http://www.geocities.jp/ikoh12/


3 ● tekutekucherry
●33ポイント ベストアンサー

足の形はギリシャ型、エジプト型、スクエア型などとよく分類されていますね。欧米に多いのがギリシャ型。
http://www1.bbiq.jp/ssg-hp/t_foot_shape.html
日本人に多いエジプト型は外反母趾になりやすいようです。


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ