人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

抗うつ薬の副作用である吐き気がはじめ2週間くらいすると慣れるのはなぜですか
薬学的に説明してください。

●質問者: NishidaTetsuo
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● だわかき
●100ポイント ベストアンサー

抗うつ薬はセロトニンの再取り込みを阻害するため、血中のセロトニン濃度が高まりセロトニン症候群になる場合があります。これが自律神経系への影響となって現れる症状のひとつが吐き気です。
ただ、2週間程度で自律神経系の感受性が低下し、セロトニン症候群からは離脱します。


NishidaTetsuoさんのコメント
セロトニン3の関係で吐き気が出るのですね。 よく分かりました。

2 ● zzz1230
●0ポイント

とりあえず、薬剤師に相談するのが、得策かと・・・・。


NishidaTetsuoさんのコメント
薬剤師です

3 ● adgt
●20ポイント

このようなメカニズムらしいです。

?まず、脳内の(※)嘔吐中枢と呼ばれるところが刺激される。
?胃の下側の出口あたりが閉ざされ、食道の筋肉がゆるむ。

(※)嘔吐中枢とは、簡単に言うと吐き気に関する神経が沢山ある脳の一部のこと。

?胃の下側にある膜や腹筋が収縮して、胃を圧迫する。
?胃の内容物が口から排出される、又は排出される感じがする。
抗うつ薬SSRIの副作用、吐き気の原因と吐き気の対処法20: 仮面うつ病の治療方法!身体症状25項目、精神症状11項目でまずはチェック!


NishidaTetsuoさんのコメント
参考になりました。 ただ、質問はその吐き気がなぜ起こらなくなるかです。 吐き気がなぜ起こるかではありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ