人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

コラーゲンの多い食材を教えてください。
また、(できればでいいですが、)その食材の、他の栄養素(?)もいっしょに
教えてもらえれば幸いです。


●質問者: AZUMI(サブ)
●カテゴリ:学習・教育 グルメ・料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
ベストアンサー

コラーゲンは動物の骨、皮に含まれます。魚では、骨、皮だけでなく鱗などにも含まれています。
したがって、骨、皮の割合が高い食べ物にはコラーゲンが多いです。
トンコツ、トンソク、ミミガー、鳥の骨、鳥の皮、魚の切り身(背骨つき)など。
煮物料理が冷めたときに煮汁が固まって煮こごりができるのは、骨・皮からコラーゲンがでているからです。
私の経験では、カレイの煮付け、鳥の皮付き肉、牛すじなどの煮物などでよく煮こごりができます。
またゼラチンはブタの皮からとったコラーゲンそのものです。したがって、ゼラチンを使用してかためたゼリーにもコラーゲンが入っています
(他にも寒天ゼリー、アガー、ペクチンなどでゼリーがつくられますので原材料をよくごらんください)

その他の栄養素は、脂質などです。特に魚の皮下脂肪は、不飽和脂肪酸が多く、体内のホルモン合成や代謝に非常に重要です。


2 ● yktshg

すでにベストな回答が出ていますので、別の観点からお答えします。心療内科医・医学博士の姫野友美氏によりますと、「コラーゲンを食べても肌はプリプリにはなりません」だそうです。(同氏著「心療内科に行く前に食事を変えなさい」154P)美肌を目指すなら、タンパク質、ビタミン、ミネラル、油をバランスよくとることが大事だそうです。

少し長くなりますが、引用します。

コラーゲンはいくつかのアミノ酸がペプタイドの鎖でつながった、長い紐状の形をしています。食べ物からコラーゲンをとっても、すぐには吸収されず体内で消化されて鎖がちぎれ、アミノ酸にまで分解されてやっと吸収されるのです。そこにたどり着くために時間がかかりますから、吸収されずに排泄されるコラーゲンもあるわけです。
さらに、それから肌細胞として再生するためには、分解されたアミノ酸と鉄とビタミンCが働くことでコラーゲンが合成されるという仕組みで進みます。つまり、コラーゲンを食べたところで、肌のコラーゲンがそのまま増えるわけではないのです。
美肌を目指すなら、タンパク質を食べてビタミンやミネラルもバランスよくとること。

世界一の美女になるには外見の美しさだけでなく、心の美しさも必要であり、その素はタンパク質と油にあることを熟知していたと思います。
(前出「心療内科に行く前に食事を変えなさい」154Pより)

私自身は栄養などには詳しくないので、質問者様ご自身でお調べすることをお勧めします。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ