人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中2数学で質問です
証明?のような問題です

連続する3つの整数の和は真ん中の数3倍と等しい
この事を説明しなさい

答え
一番小さい数をnとすると残りの2数は
連続する3つの整数の和は
n+(n+1)+(n+2)
=3n+3
真ん中の数の3倍は
(n+1)×3
=3n+3
だから連続する3つの整数の和は真ん中の数と等しい

となるのですが、全く意味が分かりません
馬鹿ですが回答お願いします

●質問者: hagarenn11
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
ベストアンサー

n+(n+1)+(n+2) =3n+3 = (n+1)×3

となるので 等しい。

n+(n+1)+(n+2) = n+n+1+n+2 = 3n + 3

(n+1)×3 = 3×n + 3×1 = 3n + 3


具体的に どこら辺が わからないのでしょうか?


hagarenn11さんのコメント
ようやくわかりましたf^_^;) よく回答読んでなかったから分からなかったのかもしれません 回答ありがとうございます!

2 ● なぽりん

連続する3つの整数はわかりますよね。
2・3・4とか、 15・16・17とか、225862・225863・225864とかですね。

ここで、2は3より一つ少なく、4は3より一つ多い。なので多い分の1を少ない分にもってくるとどうなるでしょう。多い分と少ない分がうちけしあった結果、みんな3になります。
3が3つあることになり、合計は3×3=9とすぐに計算できる。

おなじように225862・225863・225864の場合もまんなかの数に3をかけるだけでかんたんに合計できますよということです。

なお問題文の下から3行目には「の3倍」が抜けていますよ。


hagarenn11さんのコメント
詳しい説明ありがとうございます そういう風に考えれば簡単なんですね 回答ありがとうございます!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ