人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

内臓スピーカーって、どんな臓器ですか。
グロテスクな画像は貼らないでくださいますよう、心からお願いいたします。
グロとは真逆な回答を期待しています。

●質問者: libros
●カテゴリ:ネタ・ジョーク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● hissssa

スピーカーとは音声を出す装置のことであり、内臓で該当する部分のことなんですから「声帯」のことでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%B0%E5%B8%AF


librosさんのコメント
声帯、いいですね。 内臓スピーカー、という文字を目にするたび、よせばいいのについ 「PC内の片隅に腸っぽいものが詰まってる図」を想像して気持ち悪くなってました。 声帯だと思えば腸よりは多少マシな気がします。

2 ● a-kuma3

f:id:a-kuma3:20130516001556p:image:w300:leftとりあえず、これ。
普通に内じゃん、って話もありますけど。


もうひとつは、こっち。
How the cochlear implant (bionic ear) functions |
f:id:a-kuma3:20130516001555j:image
ん、スピーカーじゃなくてマイクじゃないの、って?
気にしない、気にしない。


librosさんのコメント
> とりあえず、これ これ誰でしょう?音が出るんですか?(興味津々) > もうひとつ 人工内耳、超かわいい!

a-kuma3さんのコメント
>> これ誰でしょう?音が出るんですか?(興味津々) << お、勇者ライディーンを知らない世代? ゴッドボイスという武器(技?)になります。

librosさんのコメント
誰だかわかりました。 >> 勇者ライディーン ゴッドボイス。叫びや気合を音波エネルギーに換えて敵にぶつける破壊技だが、自身にも大きなダメージがあるのが難点である。 <em>http://www8.tok2.com/home/journey/anime/raiden.htm</em> << ゆるキャラっぽいなあ。

librosさんのコメント
マジンガーZは知ってますが、ライディーンは知りません。 世代の問題じゃなく、あまりアニメを見ないっ子だったんです。

3 ● 朝霞(あさか)

人間や動物の胸部に耳をあてると心臓の音がしますよね。
それもスピーカー的な感じ(変な日本語!)だと思います。

手話も、会話をするということで、音はでませんが、発信しているという意味でスピーカー的かも?

----------------------------------------------
マイクというのなら、「骨伝導」っていうのがありますね。
耳が不自由な方向けの電話などに利用されています。
また、ベートーベンのエピソードが興味深いので引用してみました。

◆骨伝導 - Wikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AA%A8%E4%BC%9D%E5%B0%8E

8世紀ドイツの作曲家ベートーベンは20代後半に難聴を患い、ほとんど何も聞こえないほどの状態になったが、この時彼は指揮棒を歯で噛みピアノに押し付けて骨伝導で音を聞き取ることで、作曲を続けることができたと言われている


librosさんのコメント
> 胸部に耳をあてると心臓の音 ものすごく緊張しているときって、自分の心臓の音が外に漏れてるんじゃないかと思います。 > 手話 映画『愛は静けさの中に』でしたか、ヒロインがとても大きな身振りで手話を使う場面があって「あれは“大声”で話しているんだな」と思った記憶があります。 無音なのに、わめかれている感じが伝わってきました。 > 骨伝導 ベートーベンが難聴になりはじめたのって、20代なんですね。なんとなく晩年の印象がありました。それでも作曲を続けたなんて、不屈の魂としか言いようがありません。

4 ● たけじん
ベストアンサー

内臓スピーカーってねぇ、西洋かぶれの和製英語使ってないで。
すべて日本語にすると、
「肝腎な語り部」
ですよね。ね。
つまり、物語る人の中でも、肝腎な部分を語る人のことです。
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」と吟じる、琵琶法師のような方々。
もしくは、ジョージ6世のような、国民が待ち望んだ話者のことでしょう。

さて、これを英訳すると
Main Speaker
となりますな。すなわち、最近は見かけない、3スピーカー(ウーファー、ミッドレンジ、トゥィーター)でバスレフ型、駆動に100W以上必要なでかい箱の奴。
f:id:takejin:20130516105050j:image
あの、持ち上げると腰を痛めるようなスピーカー、もう見かけないですねぇ。(私も処分してしまった)


librosさんのコメント
>「肝腎な語り部」ですよね。 あはははは。ええ、ええ、まったくその通りで。 現代においても、内臓スピーカーを搭載したものを求める人々が大勢いるようです。 いつの時代にも不可欠な存在なのでしょう。 > 持ち上げると腰を痛めるようなスピーカー 道尾秀介の[http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3-%E9%81%93%E5%B0%BE-%E7%A7%80%E4%BB%8B/dp/4334925936:title=『ラットマン』]を思い出しました。

5 ● fiwa

たけじんさんの回答を読んだら、思いついてしまったので。
「肝腎な語り部」ではなくて、「肝腎による語り部」でしょう。
どこから声が出てんだろう?内臓?といつも思うんですよね。
http://www.ikkokudou.com/img/senzai.jpg
http://www.ikkokudou.com/prof.html

で、質問者さんのたけじんさんの回答へのコメントを読んでまた、「スキャットマン」の芸を思い出したという...。


librosさんのコメント
>「肝腎による語り部」 ああ、これもなるほどです。 いっこく堂の芸はすごいですね。あるTV番組に出演したとき、カメラが人形のアップばかり撮っていた、という笑い話がありますが、確かに彼は黒子のように「存在が見えなくなる」瞬間があると思います。

1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ