人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

微分の書き方についてです
yをxで微分する時、よくdy/dxと書き、
f(x)をxで微分する時、d/dx・f(x)と分子のようなところに入れず分けて書きますが(分けてあることをわかりやすくするために・を入れてます)
dy/dxをd/dx・yと書くことは間違いでしょうか?
よろしくお願いします


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

間違いではありません。どの変数で微分するのかを強調するようなときにはその記法もありです。

もともとの微分の起源は微小変化量の比つまり分数ですが、「ある関数を微分する」という演算のためにd/dxという記号を関数の前に書くやり方が出てきたんです。
このような、演算を表す記号を演算子と呼びます。(この場合は演算の対象が一つなので単項演算子というものです)単項演算子の例を挙げるならば、f(x)は、関数をxに対する演算(変換)とみなすことができ、f()という演算子が出てきますね。d/dxは微分を表現する演算子なので「微分演算子」という名前がついています。

この場合、yという関数に微分演算子を作用させるという意味において、d/dx・yという記法は正しいといえます。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ