人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プレス機についての質問です。

趣味の範囲で金属加工を行いたくて、プレス機をネットで
探してみたところ、手動とか、油圧ポンプ式とかいろいろ出てきました。
(私の目的は、板材の折り曲げ、パイプを曲げるとか、パイプをネジで
固定するのを容易にするために一部を潰して平坦にする、ということを考えています。
板で3mmアルミ板とか、パイプでも肉厚が2~3mm程度のもので十分かな。)

手頃な価格で押し付ける圧力が大きなものに、自動車整備用の
手動油圧ポンプ式のプレスがあるのですが、これは金属加工用の
プレス機と比べると、何か違いがあるのでしょうか?

例えば、下に動くシリンダー(?)の強度・材質とか、
下に動く部分の制御方法とか、シリンダーのフレームへの
取り付け方とか....

今のところの私の感覚としては、自動車整備用は、ベアリングや
ギアのような”平坦な部品”を”真下”に押し下げて、他の部品に組み込むことを
用途にしていて、横方向へ力がかかることは考慮されていない、とか、
押し下げる位置を制御することは考えられていない、とかの違いがあるのかな??
と思っているのですが。

よろしくお願いします。


●質問者: bobbish260
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou

http://www.monotaro.com/g/00029932/

色々見てみましたが、かなり高価な機材になります。
上記の品はハンドプレス式で質問文中にある加工を全てこなせる機器として探してみました。
小型の部品加工用です。
先端部のアタッチメントと基部(ツールや治具)を取り替えて様々な加工に対応します。
なお、モーターが付いているものはパワーはありますが、同程度の能力のものは桁外れに高価になるでしょう。

https://www.kotobuki-mecanix.co.jp/index.htm

http://www.jp.usedmachinery.bz/b_categories/list_bc/6

中古のプレス機については業者に当たる方が良さそうですが、けっこうかかります。

自動車整備用は基本大型になるのでハンドクラフトには向かないでしょう。


bobbish260さんのコメント
ありがとうございます。 リンク先の本格的な生産用プレス機の写真や仕様が非常に参考になりました。 (無意識に産業用のものは避けていたのかもしれません。) 産業用中古品は手頃な価格(10万を切っている)ものもありましたが、 大きさ・重量が...... 今時は、高速、高精度、高出力ってなっちゃうんでしょうね。 目的が、数十cm長さの板を折り曲げるとか、10〜20mm直径くらいのパイプを 曲げるってことなので、手動のプレス機はちょっと使えないかな、と思っています。 一方、自動車整備用のベンチプレスは、ベアリングやギアの抜き取り/はめ込み用に 販売されていて、小型のもの(53x66x45cm,30kg)もあるんです。 これは、産業用とくらべるとほんとおもちゃみたいなものです。 しかし、価格や大きさ、力の程度を考えると、他の候補が見つからないんですよね (価格は10万くらいまでは考えないこともないんですが、やっぱり5万以下かな)。 試してみるしかないかな〜、と思っています。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ