人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

飛行機整備士になるための進路を教えてください。

現在私は中3の女子です。高校は県立の普通科の高校に行こうと思っています。そこから整備士になるためにはどのような進路を進めばいいのでしょうか。(大学の工学科に行く、専門学校に行くなど)

まだ高校卒業までたっぷり時間があるので、今から知っておきたいです。

あと、補足ですがJALに就職したいです。

●質問者: ぽりんきー
●カテゴリ:就職・転職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● パパトモ

↓こちらに同じ悩みで相談している例がありますよ

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141607576


ぽりんきーさんのコメント
ありがとうございます!

2 ● gtore

こちらもご参考まで。

航空整備士/リクナビ進学

なるには

http://shingakunet.com/shigoto/d1240/

航空整備士 - NHKオンライン

◇どうすれば航空整備士に?
航空整備士になるには、航空機整備を専門とする会社への就職が必要です。航空専門学校、高等専門学校、大学の理工系学部の卒業者が、主な採用の対象です。
そのほかの就職先は、ヘリコプターや飛行機を持つ企業(新聞社、放送局)や官公庁(自治体の警察や消防)などです。高校・高等専門学校卒業後、航空専門学校や大学の理工系学部を経て、整備専門会社に就職するのが一般的です。
航空専門学校では、飛行機を飛ばすために必要な法律や知識を学んだり、小型のプロペラ機を使って機体を扱う実習を行ったりします。実際に航空整備士として現場で働くには、入社後、さらなる勉強や訓練を積まなければなりません。

◇ステップアップの道すじ
航空整備士には国家資格があります。「一等および二等航空整備士」と、「一等および二等航空運航整備士」、「航空工場整備士」の五つです。 「一等航空整備士」と「一等航空運航整備士」は、大型機の整備・検査業務が行える資格、「二等航空整備士」と「二等航空運航整備」は、一定重量以下の航空機(ヘリコプターやセスナなどの小型機)の整備・検査業務を行える資格です。
航空整備士と航空運航整備士の資格の違いは、航空整備士が整備業務全般を行えるのに対し、航空運航整備士は整備業務を行える範囲が限られている点です。また、一等航空整備士は飛行機の型式ごとに与えられた資格であり、例えばB747の資格ではB777の整備はできません。様々な機種の資格を取って、業務の幅を広げることがステップアップへとつながります。

http://www.nhk.or.jp/shigoto/zukan/118/top.html

ぽりんきーさんのコメント
丁寧にありがとうございます!!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ