人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

痛風発作とは、関節の軟骨と関係があるのでしょうか(軟骨と尿酸との相性)。

軟骨が、尿酸を引き寄せるのかなと想像しています。しかし、関節は体に何箇所かあります。右足の親指付け根だけが痛いとき、左足やそのほかの付け根は痛くないです。

また、尿酸値が急速に下がった時も、痛みが生じると聞きますが、それは本当でしょうか。それはどういう仕組みでしょうか。ある一部の関節の軟骨から、尿酸が析出するのでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

通風発作は、通常一番末端の関節(足の長拇指関節)に発症することが多いです。
血中尿酸値が上昇したことにより、末端の関節内に尿酸の結晶が析出してしまうことで本当に、関節内に金平糖の様な固まりが出現するとお考え下さい。
この時、安静を保持してすぐにウラリットやザイロリック等の尿酸排泄促進剤を
服用すれば、初期であればすぐに症状が改善されると思います。
しかし、尿酸結節が関節内にある状態で無理に動くと、本当に関節内に傷が付くことになります。
この傷は、尿酸結節が薬剤によって消滅しても、リアルの傷として残りますから
関節が腫れて、いつまでも痛いということになります。

ちなみに、痛風発作は希に股関節などから発症することもあります。
血流の関係の個体差なのかと思われます。


匿名質問者さんのコメント
有難うございます。男性は足、女性は手と聞いたことがあります。一番末端の関節とは、温度が低いから、そこで析出するのでしょうか。関節の中、関節軟骨の中に析出するのか、滑液の中に析出するのか、と想像しております。 ロブとかロキソニンではなく、ウラリットを服用するということも良いのですね。有難うございます。ウラリットにより、尿に尿酸を排泄するのだろうかなぁと思っております。

匿名回答1号さんのコメント
一番末端の方の関節に出現するということは、それだけ血行が悪いという ことなのかなと考えています。 糖尿病などで、血行障害を起こして末端が壊死するのも足の小指からですから。 それと、女性が痛風に罹る確率はかなり低いようです。 殆ど無いと言っても良い位で。 理由は、女性ホルモンの中に尿酸の排泄を促進する作用を持つものがあるから。 逆に、男性ホルモンの中に尿酸の排泄を阻害する成分があるので 男性に発生率の高い疾患であるようです。 女性は、慢性関節リウマチなどで手の変形などが出現することがあるようですが 女性の痛風というのは、殆ど無いようです。 男性で、胸毛が生えているなど男性ホルモンが多いのかなと思われる方は 痛風に罹っている人が多いのも事実です。 それと、ウラリットは酸性尿を改善する働きで、ザイロリックやフェブリク という薬剤が尿酸の産生抑制作用を持つようでした。 両者を併用して、腎臓への負担を軽減するようです。

匿名質問者さんのコメント
有難うございます。ウラリットっですが、尿をアルカリ性にすると医師に言われたことがあります。まさに酸性尿の抑制だと思います。 ウラリットは、一日3回(食後)など、処方されますが、一日の尿の発生量の如何で処方する量を決めるのだと考えております。 2リットルのペットボトル(水かお茶)を毎日二本飲むなどすれば、処方量は少し増やしても良いかなぁ、と思う次第です。 なお、尿酸の生成量が多い場合と、尿酸の排泄効率が低い場合の二つがあると聞きますが、ウラリットを処方される患者は、後者であろうか、と推測しております。

匿名回答1号さんのコメント
お話から推察すると「ウラリット」だけ処方されているのでしょうか。 ウラリットは、かかりつけDrのお話の通りですから酸性尿を防止して 腎臓への負担を軽減させることを目的に処方されますが 尿酸の排泄を促進させたり、尿酸の生成を抑制したりする効果はありません。 尿が酸性になり続けると腎臓のネフロンと呼ばれる細胞の機能が低下し 最悪、透析を受けなくてはならなくなりますのでご注意下さい。 ただ、ウラリットだけ処方されているのであれば、 そんなに数値が高くはないのかも知れませんね。 確かに、水分を多めに摂ることは尿の生成を促進して尿酸の排泄を 促すことが出来ますから、後は食事療法で「プリン体」を含む食品を 出来るだけ摂らない様にするのが一番ですね。 代表的なもので、焼き鳥(特に皮の部分の油)やビールです。 そして、水分を沢山取ったからといって薬剤の量を増やす必要はないと思います。 水分を沢山摂って尿が沢山出るということは、それだけ尿が薄くなるということですから、酸性尿もそれだけ改善されます。 血中の尿酸値が7.0mg/dl以下で安定している状態ならば、朝1回 フェブリク1錠 ウラリット1錠程度でよいとは思いますが。 まだ数値が高く安定しないのであれば、1日3回となるかもしれません。 痛風は、贅沢病と呼ばれた時期もあるようですから、太っている人に 多いというのも一つの特徴かも知れません。 尿酸生成の元になるプリン体を含む食品の摂りすぎには十分ご注意下さい。 また、汗をかいて激しい運動をすると、水分が失われて痛風発作を 起こしやすくなりますので、運動としてはウォーキングや水泳など あまり汗をかかない軽いものがお勧めです。 それでは、お大事に。

匿名質問者さんのコメント
有難うございました。書きませんでしたが、ユリノームも処方されています。慎重165センチで70キロですがから、ダメだと思います。66キロまで減らしましたが。 60キロになれば、薬から卒業かな、と胸算用しております。 血流の件、ご指摘いただきましたので、靴下を履いて寝てみることにしました。 いろいろアドバイス有難うございました。

質問者から

実は、最近喘息の傾向があると言われました。呼吸器は、体内から酸性を除く作用があると聞きました。腎臓と同じですね。この呼吸器の弱体化が、痛風の原因のひとつではないか、と思いました。この考え方はいかがでしょうか。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ