人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

<株取引で特定口座と一般口座を持っている場合の確定申告>
初歩的な質問で恐縮ですが教えてください。

サラリーマンで株取引を12年下旬から始めました。二つの証券会社(ネット証券)を使っています。
・証券会社Aは「特定口座 源泉あり」で日本株式取引していて、株式譲渡利益を出しています。
・証券会社Bでは「一般口座」で日本株を持っていて含み損があり、13年中に株式売却(損確定)を予定しています。また米ドルの売買利益(為替利益)が13年6月に発生しています。
この場合14年2月の確定申告では
・一般口座の株式譲渡損
・為替差益(雑収入)
の二点のみを申請すればいいのでしょうか。
それとも証券会社Aの株式譲渡益と合算で申請するなど必要なのでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

証券会社Aの株式譲渡利益(源泉徴収済み)と、証券会社Bの「一般口座」の株式売却(損確定)を通算して、それにかかる税金と、源泉徴収済みの税金の差額を支払ったり返してもらったりします。
申告の時には、分離課税と総合課税を選択します。一般的には分離課税の方が税額は安くなることが多いです。


匿名質問者さんのコメント
大変分かりやすい説明ありがとうございました。よく分かりました。 仮に証券会社Aの株式譲渡益(源泉徴収済み)が60万円、証券会社Bの株式売却損が▲30万円とすると、少し税金が戻ってきそうですね。

匿名回答1号さんのコメント
分離課税と総合課税など、一度申告すると自分で選択したとみなされて変更できない項目があります。源泉徴収票や年間の収支報告書などを持参して税務署の窓口で相談すれば、ていねいに教えてもらえますよ。

匿名質問者さんのコメント
ありがとうございました。実際に申告する時は、税務署の窓口に色々聞きながら申告することにします。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ