人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本の戦前の貴族制度(爵位)について、ふたつ質問があります。どちらか一つでもいいので教えてください。

周の制度の公侯伯子男を使ったと聞いていますが、
明治政府としては、先進国の英国に合わせたくて、
5つのランクにしたかったのでしょうか。
英国(連合王国)のピア(貴族の爵位)が、DukeからBaronまで5階級あるからです。
それとも、周の5つのランクがすっきりしているからこれを選んだだけでしょうか。

それから、爵位の英訳ですが、公爵を、Dukeとしないで、Princeとしたのは、
どういう経緯でしょう(英訳を誰かが決めたんだと思います。外務省などが。)。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

公爵の英訳はただの勘違いという説をご紹介します。

日本の公爵を英語表記するとき、イギリスにとって外国の公爵はデュークではなくプリンスと呼ぶのだ、と勘違いしてプリンスを採用してしまった。

http://ameblo.jp/itukaateruze3okuenn/entry-10734053877.html

英国のシステムだとプリンスは王子ですけど、デュークの下位のランクにプリンスがある国は少なくないようです。


[追記]
5階級の方について追記します。

ウィキペディアの「華族」には、

法制局大書記官尾崎三良と少書記官桜井能堅から伊藤博文に対し、「公」「侯」「伯」「子」「男」の5等級案が提出された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E6%97%8F
とあります。
それ以前には、9等級案や3等級案も出ていたようです。
尾崎三良はイギリス留学して、オックスフォード大学の聴講生としてイギリス法を修得した人ですから、5等級案を提案するに当たって、イギリスの貴族制度が念頭にあったとしてもおかしくはないでしょう。
文献の裏付けがあるわけではありませんが、イギリス由来という記述のあるブログを2つご紹介します。

イギリスの貴族の身分制度に習ったものであるが、その成り立ちは日本独自のものである。

http://www.tamagoya.ne.jp/potechi/2000/07/197.html

これはイギリスの制度に中国の呼称を使ったものです。

http://www.geocities.co.jp/Bookend/4373/vol_156.htm


貴族院との関係については、古屋哲夫京都大学名誉教授の「帝国議会の成立」に次のような記述があります。

まず翌17年7月7日制定の華族令によって、伊藤がかねて主張していた五爵位制(公・侯・伯・子・男)が実現される。それは従来の華族(公卿および旧藩主)のみならず、国家に勲功ある者は士族、平民にかかわらず華族に列し爵位を与えて(新華族)皇室の藩屏とすると同時に、下院に対抗する上院の基礎を固めようとするものであった。

http://www.furuyatetuo.com/bunken/b/65_gikai_seiritugaiyo/02_.htm


匿名質問者さんのコメント
有難うございます。勘違いだったんですか、すっきりしました。翻訳は外務省ではなくて、宮内省が担当していたんでしょうか、余計なことが疑問に残ります。 たしかに、大英帝国ですと、王子様のことをプリンスと呼びますね(王族男子)。また、皇太子(王太子)は、プリンスオブウエールズで、これは、ウエールズという地域の領主という意味ですね。 デユークの息子をプリンスとは言わないですね。 他方、欧州大陸(第一次大戦前のドイツをイメージしています)では、グランドデューク(グロースヘルツォーク)の王子達をプリンスと呼んだ例を記憶しています。デュークの王子達もプリンスだったと思われます。ただし、領邦君主の場合だと思います。領邦君主でタイトルが、デューク未満の人がいたら(フェーストとか)、ちょっと想像つきません。 領邦内の貴族では、最高位はフェーストかなぁ、だから息子もプリンスではないだろうなぁ、と勝手に推測しています。

匿名質問者さんのコメント
<補足します> 日本に華族制度第三位の「伯爵」のEarlとせずに、 Countとしたのは、まぁ、良かったと思います。 連合王国(及び、イングランド、スコットランド)の伯爵が、Earlと呼ぶのは、 昔、デンマーク王の侵攻を受けた時に名残だと聞いています。 デンマークの領主達が、Earlを名乗っているから使ったのかな、それとも、 デンマーク王が一時支配していた時に、Earlというタイトルを発行したのかな、 とも思われますが。 しかし、デンマークの伯爵について、 英国では、何と呼びかけるのかな?、と思いました。 (どなたか教えてください)

匿名回答1号さんのコメント
>Earlと呼ぶのは、昔、デンマーク王の侵攻を受けた時に名残だと聞いています。 北海帝国のクヌーズ(カヌート)1世ですね。 イングランド王だったのは1016年から1035年です。 >> The title of earl (the English equivalent of count, from the Danish jarl) was first introduced into England under King Canute of Denmark and of Norway << http://global.britannica.com/EBchecked/topic/140173/count/223182/Englands-earls >しかし、デンマークの伯爵について、英国では、何と呼びかけるのかな? デンマークでは、中世にjarlという呼称は廃れて、dukeに相当するhertugになったようです。 >> In Scandinavia, it became obsolete in the Middle Ages and was replaced with duke (hertig/hertug). << http://en.wikipedia.org/wiki/Earl 1671年から現代に至るデンマークの近代爵位では、 hertug(duke) markis(marquis) greve(count) friherre/baron(baron) という公侯伯男の4ランクになってます。 http://en.wikipedia.org/wiki/Danish_nobility#Modern_titles 従って、デンマークの伯爵でもearlではなくcountと呼びかける、で良いと思います。

匿名質問者さんのコメント
早速のご回答有難うございました。中性に廃れたとなるとカルマル同盟の頃かなと思いました。スエーデン王国やノルウエー王国も、カルマル同盟の下ですから、それらの国も、アールというようなものはなくなったとような感じですね。引用された文章でも、スカンジナビアと一括されていますし。

匿名回答1号さんのコメント
5階級の方について追記しました。

匿名質問者さんのコメント
5階級の件ですが、どうもありがとうございました。 どうもイギリスを念頭に置いたみたいな感じですね。堂上公家が6階級あるといってもこれをうまく当てはめうるのは、9等級案だけですね(Wiki見ましたが、9等級ではなくて、10等級みたいに見えますね)。ドイツですと、領邦がいろいろあり、複雑でしょうし、フランスも共和制になり(貴族制度は、名乗りとしては残っていたでしょうが)、大英帝国(連合王国の爵位)が一番すっきりしていますね。Princeが公爵の訳というのは、王族に勘違いされるという意味でどうも失敗だなと感じました。 余談ですが、ウエールズ公(プリンス)というのは、昔のウエールズの君主のタイトルから来るわけですが、琉球国王が、侯爵になってしまったのは、ずいぶんと格下げだなぁ、と感じる次第です(島津家が公爵なので、仕方ないかもしれませんけれど)。

匿名質問者さんのコメント
☆話が戻って申し訳ありません。Princeの翻訳の件です。 伊藤博文公が尊敬したと言われるドイツのビスマルクですが、Princeはもらったのですが、Dukeは容易にはもらえなかったようです。プリンスオブビスマルクシェーンハウゼンという、このビスマルクシェーンハウゼンは、どこかの土地の名前なのか(ビスマルクというのは、たぶん彼の元元の領地の名前に由来すると思われます、たぶん(ユンカーで大地主階級ですから)。シェーンハウゼンは素敵なおうちみたいなので、これは、ビスマルクという名誉ある家柄という意味なのかもしれないですね(私のドイツ語の知識ではわかりません。この辺もわかれば嬉しいですが・・・)。晩年にやっと、Dukeをもらったようですが、一代限りの爵位だったようです。 ドイツでは、Dukeは、極めて高位であったようです。 伊藤博文氏としては、ビスマルクに遠慮していたのかもしれない、とも、感じてしまいました。いずれ、自分も公爵になるだろうと予測していたかどうか別として(彼は最初の爵位は伯爵でしたから。)イギリスでは兎も角、ドイツでは、Dukeは神聖ローマ帝国の帝国諸侯のイメージが強いかもしれないです。伊藤は、ドイツ圏に留学して、憲法の勉強をしているくらいですから。 私の思いつきですので、無視してくださって結構です。

匿名回答1号さんのコメント
シェーンハウゼンは地名ですね。 ザクセン=アンハルト州にあります。 http://en.wikipedia.org/wiki/Sch%C3%B6nhausen ビスマルクの生まれた家があるのもシェーンハウゼンです。 フォン・ビスマルクの「ビスマルク」ですが、ドイツにあるBismarkという町に由来している可能性はあるものの立証されているわけではないようです。 http://en.wikipedia.org/wiki/House_of_Bismarck http://en.wikipedia.org/wiki/Bismark,_Germany ビスマルクシェーンハウゼンは、「ビスマルク家の領地であるシェーンハウゼン」くらいの意味でしょう。 別の場所に、同じ「シェーンハウゼン」という地名があるので、 http://en.wikipedia.org/wiki/Sch%C3%B6nhausen,_Mecklenburg-Vorpommern それと区別するための呼称だろうと思います。

2 ● 匿名回答2号

http://tinyangel.jog.client.jp/Class/Aristocracy.html 詳しいところ?をみつけました。
王弟をグランドデュークともプリンスともいったそうです。


匿名質問者さんのコメント
有難うございました。御紹介のURLは確かに詳しく原語も載っていますね。グランドデュークとはイギリスの例でしょうか。今は王様の弟はいませんが、ウイリアム王子が王位に付けば、王弟をいう立場が出てきますね。 日本の戦前の貴族(華族)ですと、爵位だけで、采地名がつきませんけれど、イギリスや欧州では、采地名が付きますね(実際にその土地を領有していなくても)。ナポレオンのフランス帝国でもそうでした。王子様の場合は、采地名が付かないプリンスで、どこかの領主(君主、貴族)なら、采地が名がつくのであろうか、と推測をしています。

匿名質問者さんのコメント
URLにあるアーチデュークですが、太公という翻訳もありますね。 グランドデユークを大公とすれば区別できていいと思いました。

質問者から

皆様、いろいろご教示有難うございます。
さて、戦前の華族制度では爵位が5ランクあります。たしかに、5というのは良い数字です。しかし、なぜ、5つにしたのか、と思っています。

日本の公家(堂上公家)には、もともと、幕末時点で、上から6つのランクに分かれていたそうです(摂家、清華家、・・・)。
公家(堂上公家)は、全員華族になったそうですし、また、地下公家からも一部が、ほんの一部が華族になったそうです。
公侯伯子男の5ランクだと、少し無理があるな、と思います。

このように考えると、
やはり、この華族制度は、イギリスの5階級制度(バロネットは貴族ではないから除く)を念頭に置いていたのかな、と思いましたが、いかがでしょうか。
(大英帝国の上院みたいなものとして、貴族院を作ろうとして、それで、貴族に等級を決めようとした、つまり、まず、貴族院を作るというのがあって、次に、貴族(華族)の等級を決めたのでは、と、たった今、推測しました)

このあたりご存じの方、おられましたら、ご教示いただけると嬉しいです。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ