人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

モーツアルトのハフナー交響曲ですが、大富豪ジークムント・ハフナー氏(ザルツブルクの市長)が貴族に列せらせるお祝いに作曲したと、一般に言われます。
?何か爵位を貰ったのでしょうか(フライヘル?でしょうか、なんでしょうか)。
ただ単に、フォンを名乗ってよくなったということでしょうか、つまり、「フォン・ハフナー」となった(フォンを使うには許可が居る?)。
?領地名(本当の領地でなくても)はどこなんでしょうか(つまり、「フライヘル・フォン・??」の「??」はなんでしょうか)
?どこの爵位(貴族位)でしょうか。オーストリア大公国の爵位だと思います。それともボヘミア王国やハンガリー王国の爵位(貴族位)でしょうか。(神聖ローマ帝国爵位ではありえないと思います)
?どういう功績でしょうか。ザルツブルク市長という功績? ザルツブルク市長として何か特別なことをした? 多額の献金?

以上、ハフナー交響曲を聞きながら、気になりました。この曲は、父親の命令で作ったのがきっかけみたいですね。悪妻として有名なコンスタンツェとの結婚許可を懇願して、父の命令に即・対応したらしいです。

●質問者: bluegreenbeam
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
ベストアンサー

まず、質問者さんも混同しているようですが、Sigmund Haffner は親子で同名です。
父の方の Sigmund Haffner (der Ältere) がザルツブルクの市長でした。
で、子供の Sigmund Haffner (der Jüngere) が貴族になった方です。

コメント欄で chinjuh さんが言及されているように、称号は "Edler von Innbachhausen" です。

Sigmund Haffner den Reichsritterstand mit dem Prädikat „Edler von Innbachhausen“

Sigmund Haffner der Jüngere – Salzburgwiki

Innbachhausen あるいは Imbachhausen は、父親の生地、チロル地方の Jenbach に由来するようです。
(Mozarts Salzburg: Auf den Spuren des Genies の P90)

爵位の Edler は、世襲のナイト(Ritter)よりも下位で、ドイツだとユンカーに相当すると思われます。
そのさらに下に、称号がない von 持ちの人々がいたようです。

時代からすると、ハプスブルク君主国 の爵位になるでしょう。

どういう功績かですが、

aufgrund seiner Verdienste und die seines Vaters um Österreich und das Bekannt werden des Handelshauses in ganz Deutschland.

Sigmund Haffner der Jüngere – Wikipedia

とあるので、父親の功績に加えて、ドイツにまで及ぶ貿易で国益に利したという事でしょう。


bluegreenbeamさんのコメント
ありがとうございました。 「称号がない von 持ちの人々」を超えて、一足飛びに、エドラーになったみたいなんですね。 >ドイツだとユンカーに相当すると思われます。 ちなみに、このドイツとは、プロイセンとザクセンというあたりでしょうか? (また、バルトドイツ人の世界も?) そこでは、ユンカーというタイトルもあったという意味で、おっしゃられましたでしょうか(「ユンカー・フォン・??」)。 それとも、ユンカー相当の人が、ハプスブルク君主国ではエーデルを貰うという意味でおっしゃられたのでしょうか。 古い話でドイツ人の古い人しか知らないかもしれませんね。すみません。

meeflaさんのコメント
>ドイツだとユンカーに相当すると思われます。 の出典は、<a href="http://en.wikipedia.org/wiki/Royal_and_noble_ranks">Royal and noble ranks - Wikipedia, the free encyclopedia</a> の <a href="http://en.wikipedia.org/wiki/Royal_and_noble_ranks#General_chart_of_.22translations.22_between_languages">General chart of &quot;translations&quot; between languages</a> です。 Esquire, Gentleman の欄に >> Junker (Prussia), Edler (Austria) << とありました。 ですので、ドイツと言うよりはプロイセンですね。 貴族の中のランクとしてユンカーと同じくらい、という意味でした。 >http://en.wikipedia.org/wiki/Edler:title=Edler - Wikipedia, the free encyclopedia> It was mostly given to civil servants and military officers << なので、Edler は主に公僕や軍人に授与される爵位のようですが。

bluegreenbeamさんのコメント
昔見た「大独和辞典」に、冠が乗っており、皇帝冠、辺境伯冠、男爵冠などが載っていました。そこに、無爵貴族の冠がのっていましたが、ここにたしか、Edlerという文字がありました。 ただ、この冠は、神聖ローマ帝国の諸侯の場合の話で、Edlerと言っても、神聖ローマ帝国の貴族という扱いだと推測します。 領邦君主が授与した貴族とは格式が違うので、同じとは言えないですけれど。 例えて言えば、本社の部長と、支社の部長では、格が違う、 親会社の課長と、子会社の部長が同格という、 そういう感じかなと思います。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ