人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中華民国(孫文が作り、今の台湾に続いている)では、ずっと、貴族制度はないと思いますが、袁世凱が皇帝になろうとしたとき、貴族制度を作ろうとしたのでしょうか。
台湾(中華民国の人)の方が詳しいかもしれないですが。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

袁世凱は中華帝国大皇帝になった後、貴族制度を作ろうとし、実際に爵位を与えています。

すぐ後に、袁は買収できると思われた者のほか近親に爵位を与え始めた。

中華帝国 (1915年-1916年)

どんな爵位を与えたかは、
List of people given peerage by Yuan
にリストアップされてます。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございました。 親王を置き、その次に、公侯伯子男のそれぞれに一等から三等を置くようですね。 サイトを見るだけでは、世襲なのかわかりませんけれど。 単純には、周の五爵ですが、 日本の明治政府の「公侯伯子男」を参考にしたのかもしれないですね。 愛親覚羅氏には、授与していないですね。 出過ぎたマネですし、愛親覚羅氏が受けるとも思えないですね。 リストには、満洲続の名門たちも、蒙古の王族らしき人たちも出てないですね。 清朝の貴族層や、藩王といううか、 また、遊牧民である「なんとか部」の族長も出てないですね。

匿名質問者さんのコメント
>日本の明治政府の「公侯伯子男」を参考にしたのかもしれないですね。 清朝の爵位を見ましたら、役人たちに与えられるであろう爵位に これがありました。別に、日本を参考にしてわけではないですね。 清朝自身が、周の爵位の名称を、使っていたんだな、と思いました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ