人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

夏は汗をかいて体温を一定に保とうとしますが、夏の体の部位別エネルギー消費量ってひょっとして皮膚細胞(汗をかく)が1番なのでしょうか?運動時は筋肉、安静時は内臓が一番エネルギーを消費するって言いますが、、、

●質問者: koko24
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
●34ポイント

通常は神経細胞の消費が一番多いようです。
つまり、単位体積あたりで通常一番発熱量が多いのは「脳」です。
運動すれば使った部分の筋肉組織の消費が増えて、糖分の補給をする必要から内臓が働いて、余剰の熱量が体温を上昇させるので冷却しようと発汗します。
ただし、心臓は常に活動しているので興奮していない神経細胞よりもエネルギー消費は多い。
内臓は機能が集約されているので見かけ上の消費が多い。
皮膚細胞の基礎代謝はそれほど多くありません。


koko24さんのコメント
ありがとうございます。

2 ● adgt
●33ポイント

脳、筋肉、肝臓のエネルギー消費が高く、皮膚は一番ではありません。
エネルギー消費


koko24さんのコメント
ありがとうございます。

3 ● だわかき
●33ポイント

発汗は皮膚細胞ではなく汗腺が行っています。
2?3リットルの発汗に必要なエネルギーは1000Kcal以上と言われています。
これはクロールで1時間泳いだ時と同じで、脳が1日に消費するエネルギー量に匹敵します。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ